ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

スポーツ

ヨーロッパで野球が不人気なのはなぜ? アメリカでも関心は低い?

投稿日:2017年2月9日 更新日:

WBC本大会が近づいてきています。

2017年3月7日に第1次ラウンドで日本は

キューバとの初戦を迎えます。

 
4年前の2013年大会では日本は

準決勝で敗退してしまい3大会連続の優勝を逃しました。

今回は2大会ぶりの優勝を狙います。

WBCの関心が低い

 
しかし出場国を見てみると、

日本、韓国、中国、台湾といった東アジアの国々と、

アメリカ、カナダ、パナマ、ブラジル、メキシコ、

プエルトリコ、ドミニカ共和国、キューバといった

中南米の国々が中心となっていて、

ヨーロッパに至ってはオランダとイタリアとスペインしかありません。

ヨーロッパでは野球と言う競技そのものが人気がないと

言われていますが、何故なのでしょうか?

その原因を考察していこうと思います。




スポンサーリンク

 

野球発祥の経緯について

野球の起源について

 
ヨーロッパで野球が不人気な理由を解説する前に、

まず野球が誕生した経緯や国について解説します。

 
野球発祥の国と言われているのがアメリカですが、

その野球の起源と言われているスポーツが

イギリスのタウンボールというスポーツです。

このタウンボールというスポーツは、

投手がボールを投げて、打者がそれを打ち返し、

そのボールが転がっている間に

4つの塁を全て回れば得点が入るというものでした。

どことなく野球と似ている感じがしますが、

アメリカに渡った当初は地域によってルールもバラバラでした。

現代野球の父と評されるカートライト

現代野球の父と評されるカートライト

 
1840年頃にニューヨークのマンハッタンで消防団のリーダーだった

アレクサンダー・カートライトという人物によって

このタウンボールの統一ルールが策定されました。

その内容は以下の通りです。

・チームの人数を攻撃側と守備側それぞれ9人ずつにし、
一方のチームが攻撃中には相手は全員がフィールドに散らばり守備につく。

・フィールドを菱形に設定し、ホームベースに鉄のプレート、
その他3つのベースに砂を入れたカンバス地の袋を置く。塁間は42ペイス。

(1)打者が3球を空振りし、その最後の球を捕手が捕球したとき

(2)打球がノーバウンドまたはワンバウンドで捕球されたとき

(3)打球が相手側に捕球され、走者よりも先に塁に送られるか、
走者が塁に着くより先にボールでタッチされたとき

(4)捕球しようとする相手の邪魔したとき…

以上の場合に攻撃側はアウトとなる。3アウトで攻守が交代。

・一塁または三塁の外側に出た打球はファウルとなり、
打者が塁に進むことやそれによって得点が入ることはできない。

・21点を先取したチームが勝ち。

※Wikipediaより

ご覧のように3アウト交代制、ベースの数、

チームの人数を9人とするなど、まさに現在の野球のルールの

基礎ともなっているので、

カートライトは現代野球の父と称されて、

1938年にアメリカ殿堂入りし、

1953年にはアメリカ合衆国議会で正式にその功績を承認されました。

 
唯一おかしい点と言えば21点先取した方が勝ちと言うルールですが、

これに関してはあまりにも時間がかかりすぎるということで、

1857年に「9回終了時点で得点が多かったチームの勝ち」と変更されました。




スポンサーリンク

 

ヨーロッパでは何故人気が出ない?

1の項目で説明したように、

野球のルールを確立させた国はアメリカですが

その起源となったスポーツはイギリスの

タウンボールと言われています。

 
ただこうしてみると野球の歴史は160年くらいしか経ってないので、

サッカーに比べればまだ歴史は浅いと言えます。

ヨーロッパではサッカーが大人気スポーツとなっていますが、

その歴史は野球よりも古く、

イギリスで産業革命が起きた18世紀頃には確立していたとされています。

 
サッカーはイングランドで誕生しましたが、

必要な用具も少なく、ルールとしても単純なため、

ヨーロッパのみならず世界各国に普及しました。

もちろん日本やアメリカでもサッカーは人気スポーツですが、

ヨーロッパや南米の比ではありません。

故にアメリカで発達した新しいスポーツを導入して

スポーツ産業として発展させようにも

既にサッカーが巨大な地盤を誇っているために

プロスポーツとして確立しにくい現状があります。

 
またサッカーとは違って、野球はまずルールがややこしいことと

必要な用具が多すぎるというのも挙げられます。

さらに攻守がハッキリ分かれているため、

サッカーのような常にハラハラ・ドキドキするといった

展開にもならず、退屈な場面が多いことも理由だそうです。

 
ただそんなヨーロッパでもWBCに3か国だけとはいえ

出場していることから、近年徐々に広まりつつあるようです。

そんなヨーロッパの野球の強豪国はイタリアとオランダと言われていて、

特にイタリアでは米のメジャーリーグに在籍する選手も少なからずいるそうです。

また2013年WBC大会では、

日本の糸井選手が対戦したマエストリ投手

日本のオリックス・バファローズで活躍したことがあります。

イタリアはサッカーも強豪なので、

野球と並んで日本の最大のライバル国になる日も来るかもしれません。

 

アメリカでも野球離れが進んでいる?

アメリカでは野球、アメリカンフットボール、

アイスホッケー、バスケットボールの4つのスポーツが国民的人気スポーツとなっていて、

特に野球は1970年代まではアメフトを抜いて最も人気のあるスポーツでした。

 
しかしここ数年ではある変化が起きています。

近年の世論調査によると、アメリカ国民の

約3割程度しか野球を国民的娯楽とみなしていないそうで、

約7割近くも人気があると答えたアメフトと大差をつけられてしまい

その人気の低迷ぶりが伺えます。

またワールドシリーズの全米視聴率も近年は低下傾向にあります。

年配の人達にはまだ根強い人気があるそうですが、

特に顕著なのは若年層で、

「若者が好きなスポーツ選手トップ30」という調査によると、

野球選手が一人も30位以内に

ランクインしていないという結果になりました。

 
その野球離れはWBCの視聴データにも表れていて、

2次ラウンドの会場でも空席が目立ち、

視聴率も数%程度しかないそうです。

もっともこの時期(3月頃)というのは、

バスケットボールやアイスホッケーのシーズンが

佳境に入っていて、大半の視聴者はそちらを優先します。

 
WBCの開催を主導していたのはアメリカですが、

そのアメリカ国内での関心度の低さと、

野球離れが進んでいるというのは何とも皮肉です。

 
日本でも近年はスター選手がメジャーに行ったり、

また今大会では2刀流の大谷選手が出場を辞退したことも影響して

もしかしたら今まで以上に注目度が低下するかもしれません。

 
ただいくらスポーツ自体の人気が下がっても、

やはり世界大会なので優勝はしてほしいと願っています。

 

関連記事

甲子園で球児達が砂を持ち帰る行為の由来は? 販売もされてる?

体育の日の意味と由来は? 運動会の時期が春へ移行するのはなぜ?

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーの試合で子供が入場する理由とは?よりよいサッカー教育へ!

サッカーの試合を観戦すると必ずと言っていいほど選手達が子供達と手を繋いで入場する光景を目にすると思います。 見てみると女の子も混じっていますが、どうやら抽選で選ばれるみたいですね。 筆者が中学生だった …

FIFAランキングの決め方をわかりやすく解説!アジア勢は不利?

4年に1度のスポーツのビッグイベントと言えばオリンピックですが、サッカーのワールドカップも4年に1度のイベントです。 今年2018年はまさにワールドカップ開催の年にあたりますが、日本の対戦相手となる国 …

野球の敬遠のルールとは?申告制にするメリットについても解説!

日本の国民的スポーツと言えばご存知野球ですね。 ただ野球のルールと言いますと、みなさんどれだけ完璧に把握しているでしょうか? 日本は昔から野球大国として栄えてきたので、幼い頃からも野球に触れる機会が多 …

南米サッカーはなぜ強い?サンバのリズムも関係?

サッカーで一番強い国と言えばどこを思い浮かべますか? この質問を聞いて思い浮かべた国を列挙すれば多くの人が、 ドイツ、フランス、イギリス、スペイン、ポルトガル、オランダ、イタリア、カメルーン、ブラジル …

サッカー日本代表のユニフォームの色が青になった理由とは?

4年に1度のスポーツのビッグイベントと言えばオリンピックですが、サッカーのワールドカップも超有名ですね♪ 今でこそ日本代表も当たり前のようにワールドカップ本大会に出場していますが、一昔前までは予選突破 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー