ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

スポーツ

アメリカのサッカー人気はどのくらい?野球よりも上なの?

投稿日:

アメリカは言わずと知れた経済大国でありますが、それと同時にスポーツ大国でもあります。

特にアメリカで人気のある国民的スポーツは4大スポーツと言われています。

  • アメリカンフットボール
  • 野球
  • バスケットボール
  • アイスホッケー

この4つのスポーツがまさにそうですね。特にアメリカンフットボールに至っては毎年2月上旬に行われるスーパーボウルが全米で最も高い視聴率を誇ります。

 
しかしこの中にサッカーの名前がないのは少し意外だと思います。

サッカーと言えばヨーロッパや南米、アフリカ、そしてアジアなど世界各国で人気の高いスポーツなのにアメリカではサッカーの人気がそれほど高くないのでしょうか?

今回はアメリカのサッカー人気がどのくらいなのか?アメリカ代表のワールドカップでの成績も合わせて考察していきます!




スポンサーリンク

 

アメリカのサッカー人気は上がりつつある?

冒頭でも紹介したようにアメリカの4大スポーツの中にサッカーの名前は入っていませんでした。

しかし近年では大きくその傾向が変わりつつあるようです。

 
2017年にワシントン・ポストが行った世論調査によりますと全世代でアイスホッケーを抜いて4番目の人気スポーツになっているようです。(ただしアイスホッケー自体北米など一部地域に限定されているのでそもそも人気度は低かったという見方も。)

さらに若年層と中年層(18歳~54歳)の間ではすでに野球人気を超えて3位になっているようで、バスケットボールの人気も抜きそうな勢いを見せています。

 
かつては”サッカー不毛の地“とも言われていましたが、今ではそんな雰囲気はないようです。

事実競技人口はすでに2000万人を超えていてこれは中国に次いで2番目に多く、1996年からサッカーのプロリーグが始まりましたが徐々に規模を拡大しています。

ワールドカップのアメリカ戦の視聴者数はMLBのワールドシリーズやNBAファイナルを大幅に上回ることもあります。

サッカーと言うスポーツ自体が世界的に人気が高いという認識はアメリカ国民にもありましたが、やはりアメフトの存在感が圧倒的であったためあまり日の目を見ることがありませんでした。

しかし1994年のワールドカップ自国開催や、2007年にロサンゼルス・ギャラクシーが元イングランド代表のベッカムを獲得したことで徐々にサッカー人気が急上昇していきます。
 

アメリカ代表の強さは?

アメリカは本当にサッカー後進国と言えるのでしょうか?

アメリカ代表のFIFAランキングのここ10年間の推移を下のページから見ることができます。
アメリカ合衆国代表・2009年〜2018年のFIFAランキング推移

直近のランキングは25位ですが、2009年には14位、さらに2005年には8位とベスト10位以内に入ったこともありかなりの強豪感が出ていますね。

 
ただしワールドカップでは今年は出場を逃していたり、出場しても1930年の3位が最高成績でここ20年はグループリーグ敗退やベスト16と言う成績です。

ヨーロッパや南米の強豪国らと比べるとやや見落としする感じですね、わかりやすく言えば日本とほぼ互角か若干上といったところでしょうか(;^^)
 

なぜサッカー人気が低かった?

そもそもなぜアメリカでサッカーの人気が低かったのでしょうか?

サッカーというスポーツが誕生したのはイギリスであることは有名ですが、アメリカに伝来したサッカーは当初激しいタックルやラフプレーが目立つ試合が多かったと言います。

いわゆるアメリカンフットボールの原点がここにありました。

当時のアメリカ人からしたらサッカーはルールが単純な割に点が取れにくいスポーツで退屈な認識が強かったかもしれません。

多様性が好きなのがアメリカ人の性格なので、ゴールを奪うというスポーツをより楽しく激しくするためにアメフトを生んだ、ということなんでしょう。

呼び名も”アメリカンフットボール”とあくまでアメリカ流のフットボールだということを強調しています。

(そもそもフットボールという単語自体が蹴球でサッカーと意味は同じなのですが、アメフト人気が高くなった影響で呼び方を分ける必要が出てきたということです。現在でもこの名残でアメリカではサッカーとフットボールは区別しています。)




スポンサーリンク

 

野球人気が下がり気味?

それまで4大スポーツとして人気のあった野球ですが、近年ではサッカー人気上昇のせいで若干下がり気味にあるようです。

若年層を中心に下がってきていますが、興味深いのは人種別でも差があることです。アメリカはご存知移民大国ですが、南米から来るヒスパニック系アメリカ人、ヨーロッパ系の移民が増えたこともあってそれまで高かった野球人気が相対的に下がってきたということです。

実際人種別で見たら白人の間ではまだ野球の方が人気のようです。

 
逆にヨーロッパでも野球の認知度は上がりつつあるようですが、アメリカのサッカー人気に比べればまだまだで、WBC出場国の内訳を見ても納得がいきます。
ヨーロッパで野球が不人気なのはなぜ? アメリカでも関心は低い?

アメリカは文化も多様ですがスポーツも多様です、オリンピックを見ても毎回金メダル数では独走します。その気になればサッカー人気がアメフトに追い付くのは時間の問題かもしれないです。

ただしアメリカ国民の多くは自国で開催される4大スポーツこそが世界一という認識が強いです。

サッカーワールドカップではまだ優勝したことがないので、自国が世界一じゃないスポーツが気に入らないと感じる国民も多いかもしれませんね、もちろん優勝すれば話は別ですけど(;^^)

 

まとめ

以上アメリカのサッカー事情について考察してきました。

日本でも若い世代を中心にプロ野球人気が下降気味でテレビ中継の視聴率も10年前に比べて一桁台も目立ってきました。

アメリカでも同じような現象が起きているんですね、これも時代の流れって奴ですか…

因みに今のアメリカ大統領といえばご存知トランプさんですが、どのくらいサッカーが好きなのかは不明です。

トランプさんは今年で72歳ですからサッカーが好きそうなイメージではありません。もしワールドカップでアメリカが好成績を残せたら一変してサッカー好きになったかもしれませんが、2018年はまさかの予選敗退なのでアメリカは熱狂できそうにないですねwww

 

こちらの記事もどうぞ!

サッカー日本代表のユニフォームの色が青になった理由とは?

体育の日の意味と由来は? 運動会の時期が春へ移行するのはなぜ?




スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

甲子園で球児達が砂を持ち帰る行為の由来は? 販売もされてる?

毎年夏の時期に盛り上がるスポーツ大会といえばご存知高校野球ですね!1915年に第1回が開催されて今年で103年目となりました。 特に活躍が期待されるのは高校通算100本塁打にもう少しで迫っている早稲田 …

ついに50歳Jリーガー!三浦知良が現役続行で海外メディアも称賛!

日本サッカー界のレジェンドが新たなシーズンを迎えます。 今年J2の横浜FCの三浦知良選手が再契約したということで、なんと50歳でも現役続行することが決まりました。   キングカズ、レジェンド …

日本サッカーの歴史を解説!W杯までの道のりは険しかった!

日本が先進国の仲間入りを果たして久しいですがそれと同時にスポーツのレベルも世界で通用するレベルに達していると言えます。 特に野球はWBCやオリンピックでも世界の中でも日本は強豪国と言えるでしょう。 し …

ロスタイムとアディショナルタイムの違いとは?いつから変わった?

サッカーの試合は前半45分、後半45分の計90分というのが公式ルールになっています。 しかし現実的に90分ピッタリで終わることはほとんどないんですよね。   必ずと言っていいほど前後半それぞ …

サッカーオーストラリア代表はなぜアジア枠?今まで不公平だった?

アジアカップと言えばアジア全域の国が参加するサッカーの国際大会ですね。 過去に日本も優勝したことのある大会で、次に開催されるのは2019年です。 ワールドカップでベスト16を果たした西野ジャパンですが …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー