ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

宇宙

フォボスとダイモスの由来は神話?兄弟星の特徴と運命とは?

投稿日:2018年4月23日 更新日:

地球には月と言う衛星がありますが太陽系を見渡せば2つかそれ以上の数を誇る惑星が多くあります。

中でも地球のすぐ外側を回る火星にはフォボスダイモスという2つの衛星があるんですよね、ご存知でした?


 
昔放送されていた人気アニメ『セーラームーン』のメインキャラクター火野レイが神社で飼っていた2話のカラスとしても有名ですが、これは火野レイがセーラーマーズ、火星を守護星に持つ戦士だというのも関係していたんですよ。

 
このフォボスとダイモスについてですが改めてどんな衛星なのかを解説していきます。

またこの2つの衛星の名前の由来となった神話についてもおまけで触れておきたいと思います、ぜひご覧ください!




スポンサーリンク

火星の衛星フォボスとダイモスについて

火星の2つの衛星フォボスとダイモスについて、箇条書きで簡単に紹介します。

  1. フォボスの特徴
    • 直径:22.2km
    • 平均軌道半径:9,378km
    • 公転周期:7.66時間
    • 火星から見た動き方:西から昇って東に沈む
    • 名前の由来:ギリシア神話のポボス
  2. ダイモスの特徴
    • 直径:12.6km
    • 平均軌道半径:23,400km
    • 公転周期:30.35時間
    • 火星から見た動き方:東から昇って西に沈む
    • 名前の由来:ギリシア神話のデイモス

火星の衛星の位置

2つの衛星に関して共通して言えることは、月と違って球体のような形をしておらず、ジャガイモのような形をしているということです。

大きさについても月の直径3500kmと比べると100分の1未満しかないので、衛星とは言っても大昔に火星に引き寄せられた小惑星が有力な説となっています。
 

潮汐力でフォボスがなくなる?

2つの衛星の内フォボスについては太陽系の衛星の中で、最も主星との距離が近い位置を公転しています。

その距離は6000kmほどしかなく、地球と月との距離38万kmに比べれば以下に小さいかわかりますね。

 
ここまで距離が短くなったのはフォボスの公転スピードが火星の自転速度よりも大きく、潮汐力も非常に大きく働くためだとされています。

さらに現在でもフォボスは毎年1~2cmくらいのペースで火星に近づいています。

100年で換算すると約2m、火星の表面とフォボスとの距離が6000kmですから約3000万年後くらいには火星の表面に激突すると言われています。

 
仮に激突が免れたとしてもロッシュ限界に達して粉々に破壊されるという悲しい運命にあります。

もちろん人類の尺度で考えれば数千万年と言うのは気の遠くなるほど長い年月になりますが、宇宙全体で考えたら1億年でも短いと言えるでしょう。

【ロッシュ限界について】

ロッシュ限界とは簡単に言えば大きな星に小さな星が近づける限界の距離を意味します。

地球で例えるなら月が地球に近づけるまでの限界の距離は地球から約1万9000kmとされていて、この内側に入ってしまうと月は地球の重力の影響を強く受けて粉々に破壊されます。

誕生初期の月はこのロッシュ限界の外側ギリギリの場所に位置していたそうですが、長い年月を経て現在の距離まで離れました。

 
ただしロッシュ限界の内側にあったとしても破壊されるとは限りません。

衛星の質量が十分に小さければ潮汐力の影響も小さくなるので破壊されず周回できます、木星の衛星メティスアドラステアがその例に当たります。




スポンサーリンク

 

名前の由来はギリシア神話のアレスの息子

フォボスとダイモスの2つの衛星はアメリカの天文学者であるアサフ・ホールによって1877年に発見されました。

太陽系にある衛星の名前は地球の月を除けばほぼ全てギリシア神話に出てくる神々の名前が由来となっていることが多いです。

当然火星にある2つの衛星もギリシア神話の神々の名前が付けられることになりました。

 
火星は英語で”Mars(マーズ)”と呼びますが、このマーズと言う言葉はローマ神話に出てくる”Mars(マルス)“が由来です。

しかしローマ神話のマルスはギリシア神話に出てくるアレスと同一の神であるとされています。そのため火星の2つの衛星はこのアレスの息子であるポボス(=フォボス)とデイモス(=ダイモス)の兄弟の名前が付けられたのです。
(ローマ神話とギリシア神話との密接な関係についてはここでは省くことにします。)

ギリシア神話ではアレスが戦いの神として知られており、昔から火星が地球に接近した時には夜空に赤色に輝いていました。

この赤く輝いた様子が血なまぐさい戦争や炎、恐怖を連想させたことからアレスの名前が付けられたのです、確かに不気味に見えますねwww

 
またアレスの息子であるポボスとデイモスは両者とも「混乱、狼狽、恐怖」を表す神として扱われています。

火星が今のような星になったのは、父親(マーズ)が引き起こした戦争で恐怖(フォボス)と混乱(ダイモス)が長年続いたからなのでしょうか?もちろん都市伝説ですけどね(;^^)

 

まとめ

今回は火星の衛星の名前の由来となったギリシア神話についての紹介でした、参考になりましたら幸いです。

もしも火星に古代文明が存在していたとするなら、どんな恐ろしい戦争が起きていたのでしょうか?

もちろん今の地球でも同じように世界各地で血なまぐさい争いが起きてはいますがね。願わくば地球が火星と同じ赤色にならないように。

 
【その他宇宙関係の記事はコチラ!】

土星の環の出来方やサイズについて解説! 地球が何個分入る?

冬の星座のお話 大三角形とダイヤモンド、絶好の観測スポットは?

火星の地形や水・生命が存在する可能性について解説!




スポンサーリンク

-宇宙

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次回の出現は45年後 ハレー彗星観測の歴史

有史以来人々によってその姿を何度も目撃されてきた、長い尾をもった巨大な彗星。 その代表的なものがハレー彗星ですが、1758年に発見したイギリスの天文学者エドモンド・ハレー氏の名前をもとにこの名前が付け …

衛星エウロパの海に生命が存在?NASAが公開した新情報も!

先日NASAが木星の衛星エウロパについて、新情報を公開しました。 それによると、エウロパの表面から水蒸気が噴出している可能性があるというものです。これによりエウロパの表面化には液体の水が豊富に存在し、 …

土星の環の出来方やサイズについて解説! 地球が何個分入る?

太陽系には全部で8つの惑星がありますが、内側から数えて6番目にある土星は太陽系の中でも木星に次ぐ大きさを誇る巨大なガス惑星です。水よりも比重が小さいため土星が入るサイズのプールがあると浮いてしまうくら …

小惑星アポフィスが地球に大接近?衝突する確率はどのくらい?

突然ですがみなさん、下の画像をご覧ください! いきなり何だ?と思われた方もいるでしょう。 これは地球にいる我々の身近な天体である衛星の月の表面の画像ですが、その月には数多くのクレーターがあります。その …

エウロパだけじゃない? 生命存在の可能性がある衛星エンケラドスとは?

この前当ブログでは木星の衛星エウロパについてお話ししました。 NASAが衛星エウロパの新情報を公開! 生命存在の可能性は?   この衛星エウロパは、太陽系内にある星の中で最も生命が存在する可 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー