ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

宇宙

衛星エウロパの海に生命が存在?NASAが公開した新情報も!

投稿日:2016年9月29日 更新日:

先日NASAが木星の衛星エウロパについて、新情報を公開しました。

それによると、エウロパの表面から水蒸気が噴出している可能性があるというものです。これによりエウロパの表面化には液体の水が豊富に存在し、生命存在の可能性が裏付けられるかもしれません。

エウロパの水蒸気

 
その前に衛星エウロパについてわからない方のために、どんな星なのかを簡単に解説していきます。

 


 

1.エウロパってどんな星?

木星とは数ある木星の衛星の中でも比較的大きく、ガリレオ衛星と呼ばれる中の一つです。

※木星については以前筆者が記事にして解説してあるので、そちらもどうぞ!

探査機Junoが捉えた木星の最新の姿!

 
木星の衛星の中では比較的明るく双眼鏡でも確認できます。エウロパの表面には厚さ3km以上の氷で覆われていて、ところどころにひび割れがあります。

木星に非常に近い位置を公転しているため、強い潮汐力を生じ氷層の下は深さ数10kmにわたって氷が解けたシャーベット状になっていると指摘されています。海底には熱水噴出孔が存在すると考えられています。

 

2.エウロパは生命が存在している可能性が高い?

2007年に、欧州宇宙機関ESAが将来の宇宙探査ミッションの候補の一つとして、NASAと共同で木星圏探査ミッションEJSM計画を選定しました。

衛星エウロパへの関心が高まっている最大の理由は、何といっても生命存在の可能性が指摘されていることです。

 
先の説明で書きましたが、エウロパの氷の下には海が存在するといわれています。しかしただ海が存在したからと言って生命存在までは行き過ぎではないかとの指摘があります。

理由は太陽との距離です。

 
地球に生命が誕生したのは海もあって、かつ太陽からの距離が比較的近いハビタブルゾーンに位置していたことが最大の原因だ。という風に長い間考えられ、地球以外の惑星や衛星はどう頑張っても生命は存在しそうにない

だから探査しても意味はない、というのが定説でした。

太陽の光がなくても生命は活動・誕生できる?

しかし1977年にガラパゴス海嶺の探索において、太陽からの光が全く届かない深海でも様々な生物が存在していることが発見され、しかも全く独立した食物連鎖を形成していたことがわかったのです。

食物連鎖の基盤は植物ではなく化学物質の酸化反応からエネルギーを得ていたバクテリアだったのです。このようなエネルギー合成を化学合成と言いますが、これは生命の研究においてまさに歴史的な発見ともいえます。

つまり生命の活動・誕生には必ずしも太陽の光は重要ではないということが裏付けられたのです。

 
さらにエウロパの海には大量の酸素が眠っているとされています。木星の磁場から放たれた荷電粒子が氷にぶつかるときに生まれたと考えられていて、その酸素レベルはなんと地球の海をも超えるレベルと言います。

そしてエウロパの海底の一部には、地球の深海にも存在する熱水噴出孔があると考えられ、先の説明のとおり深海でも化学物質の反応だけで生命が誕生する可能性があります。理論上では魚のような生命体が少なくとも300万トンは生息できるというのです、食べたらどんな味なんでしょうかwww

 
今回の発見では、あくまで水蒸気が噴出しているだけという発見なので生命発見にまでは至りませんが、太陽系にある惑星・衛星の中では、最も生命が存在している可能性が高いというのは事実です。

今後も根気よく調査を続けてほしいですね!

 


-宇宙
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エウロパだけじゃない? 生命存在の可能性がある衛星エンケラドスとは?

この前当ブログでは木星の衛星エウロパについてお話ししました。 NASAが衛星エウロパの新情報を公開! 生命存在の可能性は?   この衛星エウロパは、太陽系内にある星の中で最も生命が存在する可 …

フォボスとダイモスの由来は神話?兄弟星の特徴と運命とは?

地球には月と言う衛星がありますが太陽系を見渡せば2つかそれ以上の数を誇る惑星が多くあります。 中でも地球のすぐ外側を回る火星にはフォボスとダイモスという2つの衛星があるんですよね、ご存知でした? &n …

惑星直列はいつ起きる?定義や確率も合わせて解説!

太陽系に存在する惑星は地球を含めて8つあります。 水星・金星・地球・火星・木星・土星・天皇星・海王星 と内側から順番に並んでいますが、この8つの惑星全てが一直線に並ぶことを惑星直列と呼びます。 そんな …

探査機Junoが捉えた木星の最新の姿!

  2011年8月に打ち上げられた探査機が約5年の歳月を経て先月木星の軌道周回上に入りました。 探査機の名前はジュノーと呼び、NASAが太陽系探査を行うニュー・フロンティア計画の一環として打 …

次回の出現は45年後 ハレー彗星観測の歴史

有史以来人々によってその姿を何度も目撃されてきた、長い尾をもった巨大な彗星。 その代表的なものがハレー彗星ですが、1758年に発見したイギリスの天文学者エドモンド・ハレー氏の名前をもとにこの名前が付け …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー