ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

アニメ

秋葉原・日本橋・大須 オタク三大聖地の定義が揺らぐ?

投稿日:2016年9月24日 更新日:

秋葉原

 
日本で一番有名なオタク街といえば、ご存知東京の秋葉原ですね。筆者も何度か東京に足を踏み入れたことがあり、秋葉原にも何度か行ったことがあります。

ただやはり人は多いですね、最近では日本人の他にも、外国人観光客も増え始めてややカオスな雰囲気になってきています。これから政府は外国人観光客を積極的に受け入れるという方針なので、ますます増加するでしょう。オタク文化が海外に浸透するのも時間の問題かな?

 


 
そして西日本に目を向けると、大阪の日本橋も有名です。大阪市中央区と浪速区にある地域で、通称『でんでんタウン』と呼ばれる日本有数の電気街があります。

 
その名のとおり街にはヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機など数多くの家電量販店が犇めき合っていましたが、徐々に減少し、現在ではオタク街として発展しています。

名古屋の大須

 
さらにもう一つ有名なオタク街が名古屋にあります。

名古屋市中区にある大須という商店街ですが、ここもオタクの聖地として数えられているそうです。

 
メイド喫茶も豊富で、特に2010年以降から萌えりぃグループや妹喫茶「リトルシスター」の系列店舗などが複数オープンし、急激に店舗数が増加しました。地元大須を代表するOS☆U、CAMOUFLAGE、BS Jといったローカルアイドルグループが次々と登場しました。

 
中部地方に住んでいる人にとっては聖地かもしれないですが、あまりピンと来ないのも現状ですね。確かに大きな街でオタク系ショップも多いのですが、どちらかといえば普通の商店や飲み屋などもかなり混在していて、秋葉原や日本橋のようにオタクに超特化しているわけではありません。

 
秋葉原・日本橋・大須と3つ合わせてオタク三大聖地なんて呼ばれてますが、ネット上からは大須だけ明らかに浮いてるので疑問視されています。

中には、

「初めて聞いた」

「池袋、中野じゃないの?」

「Amazonでよくね?」

といった意見もあり、やはり大須がオタクの聖地という認知自体が浸透してないようです。東京と大阪の大都市に挟まれて微妙な立ち位置ということも関係しているかもしれませんが、オタクの聖地として認識を広めるには名古屋のオタクが終結して積極的に全国にPRするしかないでしょう。

 


-アニメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンバランスなKissをして

モンストが幽白とコラボで戸愚呂弟も熱狂! サングラスも当たる?

人気ジャンプ漫画の幽☆遊☆白☆書がモンストとコラボすることが決まりました、ファンの人には胸熱だと思います。   コラボを記念して東京都渋谷区には、作品に登場する悪役キャラの戸愚呂弟の巨大なオ …

君の名は。の元ネタ

『君の名は。』の元ネタは小野小町の和歌? 新海監督の経歴や海外の反応は?

現在絶賛公開中のアニメ映画『君の名は。』が空前の大ヒットとなっています。 興行収入は既に200億円を超えて、スタジオジブリ作品の『千と千尋の神隠し』以来の大ヒットを記録して海外でも高い評価を得ているよ …

SAO実写化

SAOが実写化 日本のラノベは海外で大人気?

日本の作品がまた海外のハリウッドで実写化されるそうです。その作品の名前は「ソードアート・オンライン」略称はSAO。   川原礫氏によるライトノベル作品です、僕も過去に何度か読んだことがありま …

ジョジョ実写化

一体誰得? ジョジョ実写化決定でファンからは不満の嵐!

あの人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化が決まったそうです。 しかもドラマではなく映画化で第4部の『ダイヤモンドは砕けない』を俳優の山崎賢人が主演の予定となっています。   本当に驚きで …

難読または読み間違えやすい漢字

千と千尋の神隠しの大ヒットの要因とは? 着想の源や没案も紹介

現在大ヒット公開中のアニメ映画『君の名は。』が興行収入200億円を超えたことが話題になっています。 因みにこれまでで興行収入最大の日本の映画はスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』で308億円ともはや金 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー