ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

アニメ

もはや黒歴史!? アニメの実写化は失敗の連続

投稿日:2016年8月20日 更新日:

ここ数年、人気漫画の実写化が頻繁に続いてるような感じがしますが、どの作品も評価はイマイチ、または不評www

 
なぜアニメの実写化は失敗するのか?

日本では過去に何度も二次元作品が実写化されては酷評、実写化されては大コケの連続でしたwww

代表的なのが、”怪物くん”、”こち亀”、”ドラゴンボール”

最近だと”進撃の巨人”もひどかったとか……

挙げるとけっこうな作品が批判に晒されているのが現状です。

もはやアニメの実写化=黒歴史というレッテルが貼られている昨今の実写化事情ですが、そもそもなぜアニメの実写化は成功する例が少ないのでしょうか?




スポンサーリンク

 
1.低予算で制作

邦画はどれもそうですが、ハリウッドに比べ製作費が低いです。

そもそも人気のある漫画やアニメは、アクション系やファンタジー系が主流です。

そういった作品を実写化する場合はどうしてもCGを多用する場面が必要になってきますが、予算の関係上そこが厳しくなってくるのです。

 
2.監督、脚本がダメ

実績作りのための土台として、その時々に流行っているものを実写化してしまう傾向にあります。

監督や脚本家が碌に原作を知らずに制作している場合もあったりします。ドラゴンボールのハリウッド映画化とかまさにこの典型例でしょう……

 
3.アイドルの起用 演技が下手など

これはどの実写化作品にも言えますが、とにかくその時世で大人気中の俳優や女優を起用する風潮があるようです。

まだ俳優ならマシですが、これが売れっ子アイドルとか起用しちゃったりするものですから、猶更ひどくなりますwww

アニメ実写作品は特にアイドルに特化しすぎてると思います。

 
4.世界観のギャップ

恐らく実写化の失敗で最大の理由となるのがこれです。

大ヒットする理想的なパターンは「原作を忠実に再現し、作品自体も面白い。」ということになるでしょう。

もともと漫画、アニメとして制作されていた作品を、無理矢理実写化するにあたっては、ギャップが生じるのは至極当然なのです。

 
作品に出てくるキャラクターはあくまでも「物語の中の登場人物」であり、「作家の空想の産物」に過ぎないのです。

 
つまり「実物」は存在しないのです。

 
日本のアニメは、世界観やキャラクター設定が非常に細かく作られていて、そのトータルとしての世界観が、”現実社会を超越している”と言えます。

逆に、その頭の中の世界観を多くの人が確立しており、なおかつその世界観が、アニメを見た人ほとんどがほぼ同一のイメージを作り出すことができるので、そのイメージが固定化してしまい、まさに現実世界にそのものが存在するかのような「共有性」を持つことができるのです。

これが、おとぎ話や非現実性の強いアメリカ的なアニメと日本のアニメの決定的な違いです。

つまり、実際に観ている中に現実の社会(東京やニューヨーク)が存在し、その延長線上にしっかりとしたキャラクターが存在し、その上で、キャラクターが実際の人間のような細かいスペックで動き回るのですから、実際の人間がそこに出演してしまっては、世界観が壊されてしまうということになるのです。

この「世界観が壊される」という感覚こそ、日本のアニメの実写化がほとんど失敗するということの最大の要因ではないかと思われます。


 
もちろん演技が下手だとか、予算が低いとか、CGをうまく使いこなせていないとかいろいろあると思いますが、日本のアニメは既にアニメ、漫画の中で設定が完成されているのでその世界観をベースに視聴者が実写化を評価してしまいます。

 
-結論-

やはりCGを多用する二次作品の実写化は、予算的な面で成功させるのが難しい面がありますね。登場人物の性格やイメージも固定化されていますし、そこを払拭させるのは困難かと思われます。

 
実写化が成功した、比較的うまくいった作品が全くないわけではないので、

無難に行くなら、恋愛系や日常系、社会風刺系の漫画アニメの実写化がよいのではないでしょうか?

 

関連記事

銀と金が池松壮亮主演で実写ドラマ化! 銀王役はリリー・フランキーに!

一体誰得? ジョジョ実写化決定でファンからは不満の嵐!

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-アニメ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

進撃の巨人の舞台を大考察! ドイツのネルトリンゲンとは?

別冊少年マガジンの人気作品『進撃の巨人』が 今年の7月から舞台上演されることが決まったそうです。 こちらがその公式サイトです。 リンク:ライブ・インパクト 進撃の巨人   また今年の4月から …

映画『風の谷のナウシカ』について解説! 原作との違いや続編の制作は?

今月13日の金曜ロードSHOWではスタジオジブリの『風の谷のナウシカ』が久しぶりに地上波放送されます。1982年に公開された宮崎駿さんの有名なアニメ映画ですが、30年以上経った今でも定期的にテレビ放送 …

秋葉原・日本橋・大須 オタク三大聖地の定義が揺らぐ?

  日本で一番有名なオタク街といえば、ご存知東京の秋葉原ですね。筆者も何度か東京に足を踏み入れたことがあり、秋葉原にも何度か行ったことがあります。 ただやはり人は多いですね、最近では日本人の …

SAOが実写化 日本のラノベは海外で大人気?

日本の作品がまた海外のハリウッドで実写化されるそうです。その作品の名前は「ソードアート・オンライン」略称はSAO。   川原礫氏によるライトノベル作品です、僕も過去に何度か読んだことがありま …

千と千尋の神隠しの大ヒットの要因とは? 着想の源や没案も紹介

現在大ヒット公開中のアニメ映画『君の名は。』が興行収入200億円を超えたことが話題になっています。 因みにこれまでで興行収入最大の日本の映画はスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』で308億円ともはや金 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー