タイのカオラックという場所をご存知でしょうか?

このリゾート地は日本人の数が少なく、タイの中でもかなりの穴場スポットと言われています。

まだまだこんな絶好の場所があったなんて、やはりタイの旅行は奥が深い!


近年になって注目されつつありますが、何ともう一つの目玉リゾート地であるプーケットからの距離も比較的近いようです。

そこで今回はカオラックへの行き方を所要時間や料金なども合わせて詳しく紹介していきます!




スポンサーリンク

 

カオラックへの行き方

カオラック(Khaolak)」がタイのどの場所にあるのか?あまり聞きなれない地名なので、場所がどこなのかわからない人も多いでしょう。

ということで例のごとくカオラックの場所をグーグルマップで紹介します。

カオラックはプーケットの中心部から車で約1時間の距離にあります。プーケットへの行き方を知りたい方は以下の記事をどうぞ!
タイのプーケットへの行き方と所要時間は? 直行便がない?

結論からになりますが、手っ取り早く行くにはやはりタクシーが一番でしょう。ただ片道の料金は最低でも1500バーツはかかります。


他にもバスやホテル送迎用の車などを利用する手もありますが、どれが一番経済的なのか?それぞれ解説していきましょう。

【カオラックってどんな場所?】

「カオラック」とはプーケット島の北部にあるリゾート地で、行政区分はパンガー県、タイムワン郡に属します。

西はアンダマン海に面しており、数多くのビーチが南北に延び、スクーバダイビングのスポットでもあります。

近年はリーズナブルな価格のホテルが続々とオープンし、欧米のトラベラーからも隠れリゾート地として人気を集めています、その内隠れじゃなくなるかも?

観光産業で発展していますが、ゴムノキや油ヤシなどの農業も盛んのようです。

因みにカオラックとはタイ語で「海の隣接する山」という意味です。




スポンサーリンク

 

カオラックへはタクシーで!

カオラックまでの基本的な行き方は、プーケット国際空港からタクシーを利用する方法です。

現状この方法が最も時間がかからず確実な方法だと言えます。

ただ乗るタクシーの種類と利用法に少し注意が必要です。賢く選べば料金を節約できますよ。

エアポートリムジンタクシーを利用する!

プーケット国際空港からカオラックまで行けるタクシーには2種類あります。

それがリムジンタクシーメータータクシーです。

まずリムジンタクシー(空港送迎タクシーとも言う)ですが、これは大人2名と子供1人までが乗れるセダンタイプと6名までが乗れるバンタイプがあります。

片道の料金はそれぞれ1200バーツと1500バーツです。

この送迎タクシーの予約はコチラからできます。


またリムジンタクシー以外にも、通常のメーターで料金を算出するメータータクシーもあります。

ただしカオラックは片道で1時間と長距離にある場所なので、メーターを使わないで値段を交渉する運転手もいます。

そうなるとメーターがないので異様に高い料金を要求される可能性が高いです。メータータクシーは利用しない方が賢明ですね(;^^)

CHILL TRANSFERで予約する

カオラック行きのタクシーは上で紹介した空港送迎タクシーが最もお得ですが、他にもネット予約できるタクシー会社があります。

次に紹介するのは「CHILL TRANSFER」というタクシー会社です。

英語で書かれていますが、基礎的な英語力があれば大丈夫です。予約方法はそれほど難しくありません。

タイ語が全く理解できない人にはオススメでしょう。

料金は片道で1400バーツほど、ミニバスだと1800バーツほどです。


普通のタクシーだと最大で2500バーツも要求されることもあるので、低価格で行くには持ってこいと言えますね。

また予約時にはいろいろな車種を選択することができるようです。普通車よりも一回り大きいワゴン型の車もあるみたいです、その分料金は割り増しになりますが。

ホテル送迎の車を利用する!

タクシー以外だとカオラック付近のホテルを予約し、ホテル送迎の車で行くという手もあります。

ただし料金はやや高めになります。その分タクシーと違ってぼったくられる心配はないですし、安全面・信頼性などは高めです。

ホテルのクラスに依りますが、片道の料金は約2000バーツくらいです。予約したホテルまで道に迷わずに行く自信がないならこれを利用した方がいいでしょう。

カオラックにある高級ホテルのオススメをご覧になりたい方は以下のページをどうぞ!
トリップアドバイザー

バスでも行ける?

タクシーだと料金が高めだから、もっと安価なバスで行きたい!という人もいるでしょう。

確かにバスなら片道でも数百バーツほどなのでタクシーに比べれば安いです。

しかし残念ながら、カオラックの中心部にはバスの停留所はありません。


正確に言えば、プーケット国際空港からカオラック中心部までのバスは運行されていないということです。

そのため一度プーケットタウンまで寄り道する必要があります。

空港到着ロビーを出て左側にあるバス乗り場から、プーケットタウン行きのエアポートバスが出ているので乗ります。

片道料金は100バーツ、時間は20分ほどかかります。


次にプーケットタウンのバスターミナルから乗るバスですが、現時点で最もカオラックに近い場所に停留するバスは、

  • 「プーケットタウンバスターミナル1」から運行される、タクワパー(Takuapa)行き
  • 長距離バス乗り場の「バスターミナル2」から出ているラノン(Ranong)行き、スラタニ(Surathani)行き、チュンポン(Chumpon)行き

の2種類です。

これらのバスに乗って、途中の停留所となっているカオラックの各ビーチの停留所で降りれば大丈夫です。ビーチの順番は南から

  1. ナントンビーチ
  2. バンニヤンビーチ
  3. クッカックビーチ
  4. レムパカラン
  5. パクウィーブビーチ
  6. バンサックビーチ
  7. バンナムケム
  8. バンムアン

となっており、降りる際には前もって運転手にどこで降りるかを伝えておきましょう。

プーケットバスターミナルから各ビーチまでの所要時間は2~3時間程度、料金は120バーツです。

料金的にはプーケットタウンまでの分も含めて合計で230バーツほどしかかかりません、タクシーよりは安いですがやはり時間がかかるのがデメリットですね。

※タクワパーはカオラックのすぐ北にあるタクワパー郡にある地名です。

プーケット以外の都市からも行ける?

カオラックに一番近いところにあるのがプーケットです。

ただ日本から直行便は出ていないので、スワンナプーム国際空港から国内線に乗り換えてプーケット国際空港まで行く必要があります。

そのプーケット国際空港からタクシーやホテル送迎タクシーを利用するというのが基本的な行き方ですが、何らかの事情があってプーケット以外の都市からでもカオラックに行きたい人はいるでしょう。


もちろん行けなくはないですが、プーケットからと比較するととんでもなく長距離かつ長時間の移動になります(;-_-)

例えばクラビからカオラックまで行く場合は、距離が140km離れているので、タクシー利用だと所要時間は2時間半、バスで行く場合だと1回乗り継ぐ必要があるのですが、最低でも3時間半はかかります。


他にもランタ島やサムイ島、トラン県(クラビー県の南)からもタクシーで行く手もありますが、片道で4~5時間はかかります。

料金も片道で3000~5000バーツと超高めです!

もちろんプーケット以外の場所から行くには、飛行機だともっとお金がかかるので知っておいて損はないと思います。

シミラン諸島のツアーを利用する手も!

これは正攻法かどうかわかりませんが、シミラン諸島のツアーを利用する手もあります。

このツアーに参加すれば、カオラック付近の港から船で出発するので、送迎用の車に乗れば自動的にカオラックまで行ける運びです。

ツアーの帰りに空港まで寄らず、カオラック付近のホテルまで送ってもらいましょう。

世界屈指のダイビングサイトも同時に巡りたい方には持ってこいですね。

シミラン諸島のオプショナルツアーへの参加は下のページからどうぞ!
現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA

まとめ

今回はカオラックまでの行き方を詳しく解説してきました。

改めてまとめますと、カオラックに行くにはネットで予約できるエアポートリムジンタクシーが最も確実で早い方法です。

他にはバスで行く方法とホテル送迎の車を利用する方法、シミラン諸島のツアー帰りで立ち寄るという方法もありますが、確実にカオラックだけを訪れたいならプーケット国際空港からのタクシーに絞った方がいいでしょう。


またカオラックでは個々のビーチ間が離れていて徒歩だと時間がかかります。そのため街中でソンテウやレンタルバイクなどを利用する人が多いです。

リムジンタクシーもありますが、セダンタイプはかなり料金が高いので注意しましょう!

カオラックはビーチも素晴らしいですが、トンチョンファの滝や“ジェームズボンド島”とも呼ばれた奇岩があるパンガー湾などがあって退屈させません。

穴場でありながら最高のダイビングも楽しめる上に面白いスポットも満載です、カオラックは訪れないと損ですね♪




【こちらの記事もどうぞ!】

パタヤビーチへの行き方!バンコクから短時間で行くにはコレ!

ピピ島への行き方!プーケットからの日帰りツアーもあるよ!




スポンサーリンク