11月も終わりに近づきいよいよ本格的な冬の季節になります。この季節になると流行しだすのがインフルエンザですね。

毎年12月~2月がだいたいインフルエンザのピークと言われています。人口が密集する都心部では流行するのが早くなります。

 
学校に通っている生徒も当然かかりたくないものです。しかしあまりにも大勢の生徒が感染すると、学校側として学級閉鎖の措置をとります。

学級閉鎖=休み」になるのでその分授業のペースが遅くなり、補習をしなければいけません。できれば早く学期を終わらせたいと思いたいですが、こればかりは自分だけの力でどうこうできるものではありません。

そこで今回はインフルエンザの学級閉鎖の基準について話していきたいと思います。

学級閉鎖になる人数は何人からなのか?またそもそもなぜ学級閉鎖をしなければいけないのか?

前回にもインフルエンザについての記事を書きました。よろしければそちらも参考にしてください!
インフルエンザ予防接種の持続効果は? 接種の時期・風邪との違いなど




スポンサーリンク

 

なぜ学級閉鎖しなければいけないのか?

そもそもインフルエンザで学級閉鎖をしなければいけない理由は何でしょうか。

学級閉鎖とは、学校保健安全法に基づいて実施される臨時休業のことです。

インフルエンザなどの感染症というのは一人でも感染している人がいたら、飛沫感染(咳やくしゃみなど)や接触感染などでクラス全員に蔓延する恐れがあります。

こうならないために一時的に学校の全部あるいは一部の授業を取りやめる措置として学級閉鎖を行う必要が出てくるわけです

 
一人や二人程度の感染者なら問題ないですが、だいたい1クラス内に4,5人以上感染者が出始めると、感染の拡大する恐れがあるので、クラス全体が休みなります。

そしてかかってしまったら仮に解熱してよくなったとしても原則として2日後までは出席停止期間になります。

よくなったからといって決して油断しないでください!
 

休みになっても素直に喜ばないこと!

blogshow809

 
もしかしたら休みになるからやった!

などと歓喜している学生もいるかもしれません。

しかし誤解しないでいただきたいのは、学級閉鎖というのは半ば隔離みたいなものです。

即ちウイルスによる接触感染、飛沫感染を防ぐための措置なので決して喜ばしいことではありません。外出は基本できない上に、宿題が与えらたりします、要は自宅で安静にして過ごしてくださいということです。

 
そして休みになった分の時間割は後日振り替えられることが多いです。

一番多いのが土曜日、もしくは春休みが若干短くなることです。即ち1年トータルで見ると実質的に休める量は変わりません

 
また学級閉鎖で休めることを喜んだりすると、インフルエンザにかかっている生徒に対して失礼です。

もし自分がインフルエンザにかかってしまって、

「同級生がおまえのおかげで休めたぜ!」

などと言って来たらどんな気持ちになりますか?

恐らく素直に喜べる生徒は少ないでしょう。

インフルエンザにかかったことがある人ならわかるかもしれませんが、高熱や頭痛などは普通の風邪と比べても相当辛い症状になります。

最近だと新型インフルエンザも流行してるくらいですから、もし重症化してしまうようならかなりヤバいです。インフルエンザを甘く見ると大変なことになりますよ。

 
病気になった生徒の立場にたって、しっかりと休みの分は体を大事にして過ごしてください!

また自分がかからないためにも予防接種をすることをおすすめします。
 

まとめ

いかがでしたか、参考になりましたら幸いです!

くどいようですがインフルエンザを甘く見ないように、体調管理を怠らないようにしましょう!

インフルエンザの予防接種や、寒い朝に早起きする方法など冬の季節に欠かせない悩みや困りごとに関しての記事を他にも投稿していますので下の関連記事欄からぜひご覧ください!
 

関連記事

無駄のない生活”ミニマリスト”って楽しい?

雪国・豪雪地帯の人々の暮らしぶり、生活の知恵を紹介!

冬の寒すぎる室内での暖かい過ごし方や服装などを紹介

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク