毎年12月24日と25日はクリスマスで世界各国が賑わうわけですが、雪が舞い散ってホワイトクリスマスになったり、寒くて防寒着を身にまとったり、吐く息が白くなったりします。

しかしこういった光景が見られるのは北半球だけです

 
実は南半球の国々は北半球とは季節が逆転しているので、真冬ではなく真夏になります。

そんな南半球を代表する先進国といえばオーストラリアですね!

オーストラリアの国民が毎年過ごす真夏のクリスマスがどんなものなのか?

またオーストラリアだけにしか現れないサーファー姿のサンタクロースについても紹介していきます。




スポンサーリンク

 

海水浴しながらのクリスマス

毎年12月は日本やアメリカ、ヨーロッパといった国々では真冬真っただ中でクリスマスを迎えますが、当然南半球の国々は季節が逆転して真夏になり、北半球の国と同じくクリスマスを祝います。

南半球の中で最も経済規模が大きいのはオーストラリアですね。日本とも貿易関係の繋がりが深い国ですが、オーストラリアの真夏のビーチではこんな光景が見られます。

オーストラリアのクリスマス

やはりちょっと違和感ですね(:^^)

日本では12月にビーチに出て来る人はほとんどいませんが、オーストラリアだとこういった光景が毎年見られるわけです。

太陽光がカンカンに照り付ける中、海水浴しながらクリスマスを迎えられるというのが最大の特徴ですね。

 
また街中などに飾ってあるクリスマスツリーの飾りつけもやや質素な感じで一番の特徴は雪がないことです、当たり前ですが(笑)




スポンサーリンク

 

サンタさんはサーファー姿で登場!

サンタクロースといえばトナカイに乗って現れ、赤いローブと長い髭とブーツを着て子供たちにプレゼントを持ってきてくれるというのがよくご存知かと思われます。

しかし真夏にクリスマスを迎えるオーストラリアではやはりその装いも異なってきて、ソリとトナカイではなく波乗りサーファー姿で現れてきます!

波乗りサンタ

同じ時期に北半球の国でこんなことやったら凍え死にますよwww

日本だとまず見られませんね。

これを見たいがためにクリスマスにオーストラリアへ旅行するのもアリかもしれません。

またソリを引く動物もトナカイではなく、オーストラリアを代表する動物のカンガルーになっています。カンガルーと一緒に現れるサンタも見てみたいですね。
 

食事も少し違う?

アメリカやイギリスではクリスマスの御馳走といえば七面鳥(ターキー)で有名ですが、オーストラリアは真夏なので熱い料理はあまり好まれないようです。

その代わりに冷たいサラダやシーフードを用意したり、外でバーベキューを楽しむという人が多いみたいですね。

 
北半球ではこの時期寒いので、屋外でパーティーを楽しむというのはなかなかできないですが、オーストラリアでは熱い太陽が照り付ける砂浜でワインやビールを飲みながらクリスマスを祝えます。

これもかなり楽しそうですね。
 

クリスマスの次の日も祝日?

実はオーストラリアではクリスマスの次の日に当たる26日も祝日となっています。

この祝日はボクシングデーと呼ばれていて、キリスト教を信仰する教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの”箱”を開ける日であったことから

「Boxing day」=「ボクシング・デー」と呼ばれています。

決してスポーツのボクシングという意味ではありません。

 
実はこのボクシング・デーはオーストラリアだけではなく、イギリス・ニュージーランド・カナダ・香港といった英連邦の国々で見られる風習のことです、アメリカにはないようです。

現在ではこのボクシングデーで多くの小売店が一斉にバーゲンセールを開催し、一年のうちで一番安く物が買える日として知られています。

日本で言うと歳末セールみたいな感じですね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?オーストラリアもキリスト教の国なので基本的なコンセプトは他の国と同じようですが、やはり真夏ということもあり日本やアメリカなどとは違ったクリスマスを体験できます。

日本でのクリスマスに慣れすぎると、ビーチで泳いだり30度近くの真夏日になることが当たり前なクリスマスが異様な光景に見えちゃうでしょう。

地軸の傾きで夏と冬、両方のクリスマスが味わえるなんてロマンチックじゃないですか!


SNSを活用すればオーストラリアに住む友人と真冬と真夏、両方の光景が双方で見れるので面白くなること間違いなしです!

個人的にはサンタ姿でサーファーに乗ってみたいですね。

マンネリ化したクリスマスに飽きたなぁと感じたら、ぜひ一度真夏のクリスマスを体験してみては?


【その他のクリスマス関係の記事はコチラ!】

インドでもクリスマスは祝う?イスラム教徒も多くいて複雑?

中国のクリスマス事情!禁止する動きも出始めた?

日本のクリスマスの歴史を紹介!戦国時代から昭和までを振り返る!




スポンサーリンク