ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

物理と化学

オーロラの発生の原理を解説! よく見える場所や人体への影響は?

投稿日:2016年9月15日 更新日:

みなさんはオーロラを生で見たことはありますか?

筆者はまだ生まれてこのかた見たことはありません。でもいつかこの目で見てみたいと思っております!

オーロラ

 
さてそんなオーロラですが、なぜあのような神秘的な発光をするのかご存知でしょうか。今回はオーロラについて物理の知識も交えて解説していきます。




スポンサーリンク

 

1.オーロラはなぜ発光するの?

オーロラは極光とも呼ばれていて、主に北緯65~70度付近の地帯によく見られます。このよく見える地帯のことをオーロラベルトと呼び、観光地としても盛んです。

blogshow183

 
オーロラができる高度は地上から100~500kmの熱圏という場所です。この熱圏は我々人間が生活する0~18kmの対流圏とは大きく離れているので、地上の温度や湿度などがオーロラに影響することはありません。

 
さてオーロラの光の発生について解説していきますが、ここで高校の物理の授業で習った知識が出てきます。

オーロラの光の波長は、高いエネルギー状態にあった物質(酸素や窒素など)が低いエネルギー状態に戻るときに放出する光の波長と一致するのです。

この時に出る光のことを固有スペクトルと呼びます。窒素ならば色が赤と緑の光で、酸素ならば色が赤と緑の光になるのです。

 
ここで酸素や窒素のエネルギー状態を変える物質になるのが、太陽からくる荷電粒子です。この荷電粒子が大気中の気体と衝突することによって、気体のエネルギー状態が変わり発光するのです。

 
地球は太陽から毎日光を浴び続けていますが、同時に大量の電離気体の流れにもさらされています。

この太陽からくる電離気体の流れのことを一般に太陽風と呼びますが、この太陽風は非常に温度が高いため、様々な気体がプラスのイオンとマイナスの電子に分離しているのです。

太陽風

 
この太陽風が地球に接近すると、地球の磁場によってかわされますが、太陽から持ってくる磁場の向きによっては、その一部が地球の磁気圏に入ってしまうのです。

磁気圏に侵入した電離気体の流れは地球の夜の側に引き寄せられると、地球の磁力線の向きに沿って極地へと落下していき、そこで地球の熱圏内にある気体と衝突する、という流れです。

 

2.オーロラはどんな影響を及ぼすのか?

オーロラが出現すると、その高度から近い人工衛星などに影響が出ます。人工衛星との通信が困難になるなどの障害が出たり、また国際宇宙ステーションなどで活躍する宇宙飛行士は、高エネルギー電子が人体に悪影響を及ぼしかねないのでオーロラの近くの外に出ることができません。

 
最も地上との距離は非常に離れているため、地球に住んでいる人達の体にまでは影響はないのでご心配なく。

 
以上オーロラについての物理の知識を交えての解説でした!

これから冬の季節が到来すると思いますが、今年の年末年始はオーロラを見るツアーに参加してみてはいかがですか♪

オーロラツアー

 

関連記事

熱気球の歴史と原理を解説! 操縦するのに必要な資格とは?

冬至の時期は北緯66度以上で極夜! 旅行の際の注意点などを紹介

南極大陸の気候や地理、日本の観測の歴史について解説!

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-物理と化学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

圧力鍋の仕組みとは

圧力鍋の仕組みをわかりやすく解説! 圧力で沸点が変わる?

カレーやシチュー、肉じゃがなど多くの煮込み料理をする人にとって助かる調理器具と言えば圧力鍋ですね!圧力鍋を使って調理をすると普段よりも短時間で調理が済むというメリットがあります。 短い時間で調理が可能 …

素粒子と原子の違いとは

素粒子と原子の違いをわかりやすく解説! 正しく理解しよう!

物質の最小単位といえばみなさん何を思い浮かべますか? 恐らくほとんどの人が学校の理科の授業で学習した原子と答えるかもしれません。原子とは古代ギリシャの哲学者デモクリトスが提唱した概念的な存在でしたが、 …

コピー機

コピー機の仕組みを静電気を用いて解説!

みなさんは普段の生活でどれだけコピー機を使うでしょうか? 仕事の上では、オフィスにおいてあるコピー機を使用することは多々あるでしょうが、日常の生活でも重要な書類やメモ書き、証明書などがいろいろな手続き …

人工衛星

人工衛星の速度や軌道を高校物理で解説! 増加する宇宙ゴミも深刻?

我々が住んでる地球、そのはるか上空、200km先には、現在数にして約5000基以上の人工衛星が地球の周りを飛んでいるとも言われています。 しかもその速度は秒速3km、時速に換算すると約1万kmにも相当 …

魔法瓶

魔法瓶の保温の仕組みや構造、熱の伝わり方を解説

物理のお話し第6弾、今回は魔法瓶に関するお話です。 魔法瓶とは、熱い飲み物は冷めにくく、冷たい飲み物は温くなりにくいという性質があります。そのため今や多くの人が日常の生活で使っていると思います。 今回 …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー