ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

国際

2017年の世界情勢はどうなる? フランスの大統領選の行方は?

投稿日:2017年1月2日 更新日:

ついに年が明けて2017年がやってきました。

去年はアメリカではトランプ氏が次期大統領に選ばれたり、

イギリスがEUから離脱することが決まったり、

韓国の朴大統領が弾劾されることが決まるなど、

国際情勢が大きく揺れ動いた年でもありますが、

この流れは今年も続くのでしょうか、2017年の世界情勢を占ってみます。




スポンサーリンク

 

激動の年だった2016年の余波はどう響く?

思い返せば2016年は本当に激動の年だったと思います。

6月のイギリスの国民投票では、

EU残留派が有利と言われていたのに、

まさかの離脱派が過半数の票を獲得するという結果になりました。

 
その離脱決定の余波が影響したのか、

アメリカ大統領選挙でも、

前評判を覆し共和党のトランプ候補が当選する結果になりました。

 
この2つの選挙の結果を受けて、今世界全体が

保護主義・右傾化に向かいつつあると言われています。

事実EUではイスラム系の地域からの難民受け入れ問題で、

それまで寛容的だったドイツでもテロが発生し、

メルケル首相に対しての支持率は急落しています。

 
また同じく国内経済の停滞と難民受け入れに不満を抱いていた

オーストリアでも極右政党出身のホーファー党首が台頭し

一時は初の極右政党出身の国家元首がEUで誕生するのではないかと

言われるほど支持を拡大しました。

オーストリア自由党のホーファー党首

オーストリア自由党のホーファー党首

 
このように今やEU域内全土で反EUへの動きが加速し、

難民受け入れの制限化、さらには保護主義へと世論が傾き始めているのです。




スポンサーリンク

 

フランス大統領選挙の行方は?

 
この流れの中今年の4月にはフランスの大統領選挙が控えています。

この大統領選挙では、現職のオランド大統領が早くも

出馬を取りやめる意思を表明しています。

 
出馬を取りやめた理由は支持率が発足以来最低の

8%にまで下がっていることにあります。

オランド大統領はこれまで高かったフランスの失業率を下げる政策に

尽力していましたが、政策の効果があまり表れず経済は上向きにはなっていません。

また在任中にはフランス国内でイスラム過激主義者によるテロが相次いで

発生したことも政治の不満の後押しになっていました。

 
そうした中、極右政党として知られる国民戦線の支持率が

急速に上がってきています。

リーマンショック以降失業率は下がらず、一向に改善の結果が見られない

オランド大統領の政策に怒りを覚えた労働者階級や失業者達の受け皿として、

近年支持を拡大しています。

20015年12月のフランスの州議会議員選挙で、反移民をスローガンに掲げ、

フランス全土で28%の得票率になり、全13の選挙区のうち6つで首位になるなど

大躍進を果たしました。

国民戦線の党首マリーヌ・ルペン氏

国民戦線の党首マリーヌ・ルペン氏

 
この大躍進もあって、今年の大統領選挙では

国民戦線の党首であるマリーヌ・ルペン氏が

フランスで初の女性大統領に選ばれるのではないかと言われています。

 
対してフランス最大野党の共和党は、中道・右派の統一候補として、

フランソワ・フィヨン元首相を選出した。

共和党のフランソワ・フィヨン元首相

共和党のフランソワ・フィヨン元首相

 
フィヨン氏は去年の共和党の決選投票で67%の票を獲得し大勝しました。

実はこの人も国民戦線のルペン氏と同じくらいの右翼的な政治家と言われていて、

当初はサルコジ元大統領やアラン・ジュペ元首相が最有力候補でしたが

ここまで支持を伸ばし大勝に至ったのは、

やはりアメリカのトランプ氏の勝利や、

イギリスのEU離脱派の勝利が後押ししている影響なのでしょう。

こうなるとリベラル系、および左派系の人達の

適当な候補者が見当たらず、事実上今年のフランスの大統領選挙は

右派同士の対決という構図になると見られます。

 
両者の違いは経済政策ぐらいで、

フィヨン氏は経済的にはリベラル派で、ルペン氏は保護主義的な主張をしています。

EUのような開けた自由貿易では国内経済が潤わないと

これまでルペン氏は盛んに主張していました。

もしも国民戦線のルペン氏が勝利することになれば、

イギリス同様フランスもEU離脱というシナリオに

向かうことになるのでしょうか

 
アメリカではトランプ氏が大統領に就任し、

EUでも右派勢力が支持を伸ばしているので

今年の国際情勢は去年以上に緊張が高まりそうです。

 

関連記事

美人ローマ市長ラッジさんと五つ星運動について解説

イギリスEU離脱問題を改めて考える

コロンビア大統領が平和賞受賞! ゲリラ組織と和平交渉再開へ

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キリバスの国旗

新年を世界で最初に迎えるキリバスはどんな国? 海面上昇で水没の危機も?

いよいよ12月、師走ですね。 後1カ月もすれば2016年も終わり2017年になります。 今年はどんな1年だったでしょうか? 年末年始は、故郷に帰ったり、海外旅行で過ごしたりする人も いるでしょうが、ど …

スイス言語問題

永世中立国スイスを悩ます言語問題について

どうもヒデオです。 イギリスが離脱したことが決定したEUでありますが、 そのEUに入っていないヨーロッパの国の一つに 永世中立国のスイスがあります。 今回はスイスという国がどんな国なのか、 スイスを悩 …

日本の昭和基地

南極大陸の気候や地理、日本の観測の歴史について解説!

1月29日、日本の南極観測が始まって60年の節目となることで南極にある昭和基地で記念式典が開かれました。   60年前の昭和32年1月29日に、第1次観測隊が南極のオングル島に上陸して、活動 …

南スーダン

自衛隊が南スーダンに出発! 駆けつけ警護の問題点や現地の情勢は?

安全保障関連法に基づく駆け付け警護の新しい任務を付与された 自衛隊のみなさんが南スーダンに派遣されました。   先発組にあたる130人が20日青森空港から出発し、 南スーダンで国連平和維持活 …

ブレッド湖

メラニア夫人の母国スロベニアの公用語や地理情報は? 主な観光名所も紹介

第45代の大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。 トランプ大統領誕生! 就任式では民主党議員がボイコット、支持率は過去最低? そのトランプ氏の夫人はメラニア・トランプ氏で、 1970年生まれの元 …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。