ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

国際

オバマ政権の8年の軌跡 主な実績や功績などを紹介

投稿日:2016年11月11日 更新日:

アメリカ大統領選挙は大方の予想を裏切ってまさかのトランプ氏が当選してしまうという結果になりましたね、本当に驚きです!

トランプ氏なんか政治経験も公務経験も一切ない人間で不動産でバリバリ儲けて億万長者になった実績があるだけというイメージくらいしかないのですが大丈夫なんでしょうか、正直不安です。それほど今のアメリカの国民の政治に対しての不信が高いと言えますね、

クリントンさんもかなり嫌われていたということでしょうか?

 
いずれにしろ後2カ月もすればホワイトハウスの主はオバマ大統領からトランプ氏へ代わります。

2009年に黒人として初めて大統領となったオバマ氏ですが今回はオバマ大統領が担ってきた8年間の政治実績を振り返って見ます。




スポンサーリンク

 

1.1期目の軌跡 核廃絶でノーベル平和賞

オバマ政権8年の実績
 
2008年11月の大統領選挙で黒人として米国史上初めて当選しました。

『Yes, we can!』や『チェンジ』といったフレーズで変革を望んだ大衆の心をつかむ演説の効果もあり、対立候補の共和党のマケイン氏と大差をつけて勝利しました、アメリカにとってまさに歴史的な選挙となりました。

 
就任1年目となった2009年の4月にチェコの首都プラハで「アメリカは国際的な核兵器禁止を起こす道義的な責任がある」と演説を行い、またロシアとの間で戦略兵器削減条約を結ぶなど非核化に向けた努力が評価されてノーベル平和賞を受賞しました。

現職のアメリカ大統領がノーベル平和賞を受賞するのは1919年のウィルソン大統領以来3人目です。

 
就任2年目の2010年は、自身が公約に掲げていた国民皆保険の実現を図るための医療保険制度改革法案を3月に成立させました。

 
同時多発テロから10年目となった2011年5月には、国際テロ組織のアルカイダの指導者であるウサーマ・ビン・ラーディンを殺害したと発表し、国内の多くの人が歓喜したり、また議会では共和党議員からも拍手で迎えられるなど評価されました。

また同年には反政府デモを発端としたリビア国内での紛争(リビア内戦)が過激化したことから、ヨーロッパ各国と共にリビア国内への空爆を行いましたが、世論の支持も半数を割っていました。

 
2012年、就任から4年目となり大統領選挙で2期目を狙うオバマ氏でしたが、共和党のロムニー候補と激しく接戦するなど大苦戦、しかし11月の選挙投票日の直前の時期に襲ったハリケーン・サンディの災害対応が高く評価されて結果的にオバマ氏が再選されることになりました。




スポンサーリンク

 

2.2期目の軌跡、キューバ国交回復や広島訪問

2期目となった2013年、この年からオバマ政権は国交が断絶していたキューバとの間で国交回復を模索する動きに着手してきました。

2013年12月にはネルソン・マンデラ元大統領の追悼式でキューバのラウル・カストロ国家評議会議長と会談、翌2014年の12月には遂に国交正常化交渉の開始を電撃的に発表し、数カ月以内に大使館を開設し、銀行や通商関係の正常化を話し合うことで合意しました。

オバマ政権で実現した最大の外交成果だと評価されていますが、共和党系議員を中心に根強い慎重論もあります。

 
2016年3月20日には現職のアメリカ大統領として88年ぶりのキューバ訪問し、また同年5月には同じく現職の大統領として初めて被爆地の広島を訪問しました。改めて「核兵器なき世界」に向けた所感を述べて、広島市長や核兵器廃絶を訴える団体からも高く評価されまさに歴史的意義のある訪問となりました。

 
以上がオバマ大統領の8年間の主な軌跡と実績です。

こうしてみると思った以上に功績を残しています。特に歴代の大統領が示さなかった核廃絶に初めて明確に取り組んだり、現職の大統領として初めて広島を訪問するなどの功績も残しました。

次の大統領がこういった姿勢を引き継ぐとは考えられないので、退任に関しては惜しむ声が多くあります。現在の憲法上2期目までしか大統領が務められないのが本当に残念ですが、退任した後も核廃絶に全力で取り組んでほしいところです。

 

関連記事

安倍総理が真珠湾を訪問! 太平洋戦争はなぜ起きたのか? 陰謀論とは?

アメリカの2大政党 共和党と民主党の違いを解説

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-国際
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノーベル平和賞

コロンビア大統領が平和賞受賞! ゲリラ組織と和平交渉再開へ

今年のノーベル平和賞にコロンビアのサントス大統領が選ばれました。 長年にわたって続くコロンビア内戦の終結に尽力し、左翼ゲリラであるコロンビア革命軍との和平交渉を続け、今年の8月に合意に至った経緯と功績 …

日本の昭和基地

南極大陸の気候や地理、日本の観測の歴史について解説!

1月29日、日本の南極観測が始まって60年の節目となることで南極にある昭和基地で記念式典が開かれました。   60年前の昭和32年1月29日に、第1次観測隊が南極のオングル島に上陸して、活動 …

南沙諸島における中国の埋め立て

南シナ海の領有権問題をわかりやすく解説! 中国の主張や狙いは?

昨今話題の国際ニュースの一つとして中国と東南アジア諸国による南シナ海の領有権問題がよく取り上げられます。 中国を含め多くの国が領有権を主張してるので、ちょっとややこしいなと思ってしまいがちだと思います …

中国の反日プロパガンダ

全て政府によるプロパガンダ? 中国が反日の理由を考察!

近年日本と中国との関係が悪化していると話題になっています。特に尖閣諸島沖では度々中国の漁船や軍艦、さらには戦闘機まで飛び出してきて日本の領海や領空を侵犯しています。 尖閣諸島問題について、これまでの経 …

テリーザ・メイ首相

メイ首相は第2のサッチャー? 経歴や政策、人物像の紹介

アメリカのトランプ大統領が イギリスのテリーザ・メイ首相と初の首脳会談に臨みました。 ※出典元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/27/trump-may_n_ …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。