2016年の大河ドラマ『真田丸』がもうすぐ最終回を迎えます。

主人公の真田丸を俳優の堺雅人が演じていますが、その父親にあたる真田昌幸役を草刈正雄が演じています。

 
真田一家とは安土桃山時代から江戸時代前期に活躍した武将で、真田丸とは後世において真田幸村と呼ばれた男のことです。僕としては戦国無双でのイメージが強いですね(;^^)

大阪の陣で徳川家康に対抗した武将でもあります。

脚本は三谷幸喜氏が担当しています、2004年の『新撰組』以来2回目の大河ドラマの脚本になっています。

 
今回はその真田丸の父親を演じる草刈正雄さんのプロフィールや若い頃などを紹介していきます。
 

草刈正雄のプロフィール

草刈正雄さんは福岡県小倉市出身の64歳、左利きで放送大学教養学部を卒業しています。

 
甘いルックスで若い頃はモデルとして活躍していますが、そのルーツを辿ってみると父親がアメリカ人でハーフになります。

芸能界でデビューした当初は資生堂の専属モデルとして活躍、以後は野中マリ子の俳優養成所「野中塾」で演技を学んで俳優へ転向します。

これまでに様々なテレビドラマや映画で俳優として活躍しています。主な代表作としては、

  • 『華麗なる刑事』
  • 『新撰組始末記』
  • 『日本巌窟王』
  • 『十字路』
  • 『汚れた英雄』
  • 『0093 女王陛下の草刈正雄』

などがあります。

草刈さんはハーフですが普通の日本人役がほとんどですね。また大河ドラマも今回の『真田丸』を含めてこれまでに7本も出演しています。
 

『真田太平記』で真田幸村を演じていた!

今回大河ドラマで真田昌幸役を演じることになったわけですが、実は1985年に放送されたNHKのドラマ『真田太平記』にも草刈正雄さんは出演していて、その時の配役は真田丸こと真田幸村でした。

草刈正雄さんが今回の大河ドラマではその父親役を演じることになったのはこういう縁があったからです。

 
もしかしたら堺雅人がいつか父親役を演じる日が来るかもしれませんね。
 

若い頃は超イケメン!某ハリウッド俳優に似てる?

草刈正雄は若い頃は超イケメンと話題になっています。若い頃の写真がコチラです。

草刈正雄の若い頃

 
やはりハーフということもあってかなりのイケメンですね!ファッションモデルという肩書でデビューしたのですが相当モテたようです。

この若い頃の顔、どことなくですが某ハリウッド俳優にも似ていますね。

スタローンの若い頃

 
ご存知シルヴェスター・スタローンです。代表作『ランボー』、『ロッキー』、『クリフハンガー』などで知られるハリウッド屈指のアクションスターですが、若い頃は本当にイケメンです。

なんとなく草刈正雄と似てる感じがしませんか?しかしスタローンもですが、草刈正雄も年取った現在でも普通にイケメンで若い女性にはモテそうです。羨ましい限りです。

まだまだ草刈正雄さんはバリバリに活躍できそうです。個人的にはハリウッドデビューを目指してほしいですね。

こちらの記事もどうぞ!

1990年代の隠れた名曲を独断と偏見で紹介

日本人俳優のハリウッド進出が加速? 歴代の名俳優の活躍ぶりを紹介!