7月8月になると毎年のように猛暑が到来してきます。近年では35℃以上の猛暑日も珍しくなくなってきて、日本で真夏でも涼しい所といったら北海道の稚内か釧路くらいしかないでしょう。

日本の大部分の地域は猛烈な暑さに悩まされますが、その暑さを吹き飛ばすイベントとして普及しているのが納涼祭と呼ばれているものです。町内会限定の納涼祭は回覧板などで毎年知らされますが、準備で忙しくなる人も出てきますね (#^^#)

納涼とは読んで字のごとく暑さを避けて涼しさを味わうことを意味する言葉ですが、果たしてどういったお祭りをやるのか、また似たような言葉の暑気払いとはどう違うのかも解説していきます。




スポンサーリンク

 

納涼祭とは?

納涼祭の意味

納涼祭とは夏の暑さを凌ぐために涼しい状況を作り出して、涼しさを味わい暑さを忘れさせるのが目的で行われる祭りのことです。

似たような言葉に避暑があります、真夏でも涼しい北海道や高山地域は避暑地と呼ばれますが、こういった涼しい場所に移動すれば暑さをある程度回避できます。

ただし納涼に関しては暑さからの解放を必ずしも約束することではありません。夏の時期に仕事などで避暑地に旅行する余裕がない人が、お金を使って体を冷やしたり飲み食いしたり、花火などの派手なイベントや怪談話などで鳥肌を立たせて暑さを忘れさせることに重点を置いています。

 
昔から日本では様々な納涼祭が夏の風物詩となっています。花火大会や肝試し、盆踊り大会などはその代表例と言えますが、それ以外にも京都や大阪で見られる川の上などに作られた座敷で料理を楽しむ納涼床、または東京湾でお馴染みの納涼船なども挙げられます。

【納涼祭を行う時期と時間帯は?】

納涼祭は夏の暑さを和らげるというのが目的にあるイベントなので必然的に夏場に開催されますが、一般的には7月から8月のお盆の時期までに限定されるようです。

もちろんお盆以降も残暑は厳しく9月の後半までは真夏日があることも珍しくありません。ただし暦の上では秋となりますし夏休みも終わっている人も多いのでのんびり納涼祭で楽しむという方も少なくなります。




スポンサーリンク

 

暑気払いとはどう違う?

暑気払い(しょきばらい)とは暑い夏に冷たい料理などを食べて体に溜まった熱気を取り除こうとする行事を意味します。”暑さをうち払う“という意味でこう名付けられました。

冷たい食べ物の代表格としてはかき氷やそうめん、冷やし中華などが挙げられますね♪夏の時期にはもってこいの食べ物ですが、昔の日本では冷たい食べ物だけでなく体を冷やす効果のある物ならなんでもいいとされていて、例えば漢方や薬などを食べることも暑気払いと言っていました。

 
ただし現代では、単に夏場のストレスを発散する名目での宴会や飲み会を意味することが多くなっています。そういう意味では納涼祭とほとんど似ていますが、納涼祭が暑さを忘れさせるその場凌ぎという意味なのに対して、暑気払いは暑さをうち払うという意味合いが強いです。

また暑気払いは梅雨明けに行うのが多いのに対して、納涼祭は暑さが本格的になる7月から8月のお盆までの間に行うことが多いです。このように意味も時期も少し違っていますが、ほとんどの人はあまり違いを気にせず混同しているようですねwww

ビアガーデン

 

勤務先で行う納涼会はただの飲み会?

勤務先、会社で行われる納涼祭と言うのは特別に納涼会と言って、仕事終わりにビアガーデンやバーベキュー大会などが行われることが多いです。

年の瀬に行う忘年会と同じで、主に暑い中で一生懸命働いている人に対してご苦労様と言う意味を込めて開催しているという趣旨が込められているそうです。納涼会と銘打ってありますが、ただの飲み会と化していると言ってもいいです。

 
ただし暑い中疲れて働いているのなら、仕事が終わった後は自宅でゆっくりした方が疲れが取れると感じている人も多く、大勢で集まって飲み会をすると逆に疲れる、と感じる人もいます。

忘年会関係の記事でも書きましたが、こうした会社内での飲み会を重視してコミュニケーションを取ることもある程度は必要かなとは思いますが、参加料を取られると嫌々なキモチで出席せざるを得なくなります。

しかしたかが飲み会なので難しいことは考えずに素直に楽しんでいいと思います。普段食べられない物が食べられたり、美味しいビールもいっぱい飲めるはずなのでビール好きな人は思い切って楽しんじゃいましょう!

町内会の納涼祭

また町内会で行う納涼祭もいろいろなものがありますが、せっかく参加されるのならぜひ涼しい格好で臨みましょう、女性の方は浴衣が特におすすめです!

地域によっては祭りの内容も違っていて、その地域独自の楽しみ方や風習があるのも醍醐味と言えます。

自分も子供の頃によく花火大会を見ていた記憶がありますが、遠くまで外出する必要もないのであまりお金もかけずに楽しい思い出が作れます。特に子供連れの方は家族全員で納涼祭を楽しんで暑い夏を乗り切りましょう!

 

こちらの記事もどうぞ!

このままでいいのか?若者の政治的無関心

クリぼっちのうまい過ごし方!男は黙って仕事する?

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク