羽田空港の駐車場の予約

5月の大型連休やお盆、年末年始になると多くの人が海外旅行や国内旅行に出かけます。そんな人達が最も訪れる場所と言えば空港ですね。

空港は空港でも日本で一番利用する人が多い空港が羽田空港です、ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始は必ずと言っていいほど混雑します。

そんな多くの人が利用する羽田ですが、車で訪れようにも広すぎてどこの駐車場に止めようか迷いますよね。止めてみたらものすごく遠い所になってしまって飛行機の時間にギリギリだったという経験がある人もいるのではないでしょうか?

また連休など混雑する時には下手したら駐車場に空きがないという事態も起きかねません。

そう言った場合に予約しておくという手もありますが、予約には別途料金がかかります。

そこで今回は羽田空港国内線の駐車場の連休中の空き具合はどうなっているのか?またどこに停めたらいいのかも詳しく解説していきます、ぜひ参考にしてください!




スポンサーリンク

駐車場の予約にかかる料金と台数は?

作業は一点集中で

毎年多くの人が利用する羽田空港ですが、基本的には平日や普通の土日などは満車になる心配はないと言っていいでしょう。ただし、長い連休の序盤になると旅行者が多くなって混雑してきます。

どうしても混雑が嫌だ、満車に巻き込まれるのは嫌だという方は予約するしかありません!

 
羽田空港国内線には第1ターミナルにP1駐車場とP2駐車場、第2ターミナルにP3駐車場とP4駐車場がありますが、実はこの内予約できる駐車場はP2からP4までとなっています。

またそれぞれの駐車場で停められる車の台数の上限も2500台まで、予約できる台数は3つの駐車場でそれぞれ約500台ずつ、合計で1500台ほどしか利用できません。

さらに事前に予約するには別途1000円の料金がかかります、普通の駐車料金が1500円かかるので合計で2500円ということになります。(駐車場の予約はネットでできます。コチラから!)

※P4駐車場に限って言えば個室駐車もできるスペースがあります。予約とはまた別に1000円かかりますが、シャッター付きで守られるので防犯・セキュリティを優先したい方はオススメです。



航空会社によって利用するべき駐車場は異なる?

羽田空港の国内線はP1からP4まであると説明しましたが、実はもう一つ注意しなければいけない点があってそれが利用する航空会社です。

どこの駐車場に止めておくべきかは事前に自分が利用する航空会社を知っておく必要があります。以下の枠をご覧ください。

P1駐車場:JAL(東京より西)、JTA、SFJ(北九州空港)
P2駐車場:JAL(東京より北)、スカイマーク
P3駐車場:ANA、エア・ドゥ、スカイネットアジア航空、SFJ(福岡・山口・関西空港)
P4駐車場:ANA(北九州空港のみP1)

仮に自分が北海道行きのJALの便を利用したいという場合はP2駐車場に停めるのが一番近くなりますが、それを知らずにP3、P4駐車場に停めると遠回りになってしまいます、この辺は注意してください!

また全ての駐車場にいえることですが、空港ターミナルへの廊下へ直に通じているのは4階となります。故にあまり時間をかけたくない人はとにかく上の階に停車させた方がいいでしょう。
 

天気にも要注意!

駐車場の混み具合は天気によっても左右されます。基本的に朝から晴れてる場合は、駐車場は混んでいるだろうと判断して電車やバスで来る人が多くなります。

しかし朝から断続的にが降っている場合は、濡れるのを避けるために車で来る人が多くなります。これで連休中だとさらに多くなるのは間違いないので天気が雨だった場合はなおさら混雑することでしょう。




スポンサーリンク

お金をかけたくないけど駐車したい方は早朝で!

2500円分のお金を払いたくない、もったいないと感じる方は多いでしょうがそういう方は混雑・満車の時間を避けて空港に行く必要が出てきます。

では何時頃なら比較的空いているのでしょうか?

 
平日に関しては基本的にどの時間帯でも空いていることが多いですが、連休の初日あたりになると状況は変わって朝の7時台でも満車ということはザラにあります。因みに羽田の国内線の始発便の出発時刻は朝の6時10分が基本ですが、混雑や満車を避けるのであれば始発便を狙うのがオススメです!

6時10分に出発する便に乗ろうとしたら1時間前の5時10分、遅くとも5時30分頃には空港に到着しないといけません。

この時間帯であれば、まず間違いなく満車になっていることはないです、連休中とは思えないほど閑散としていたりします。

 
ただこの始発便を狙うというやり方は朝に強い人、早起きが得意だという人以外はオススメできません。朝ご飯を食べたり、身支度をしないといけない上に、空港まで車で行く移動時間も考慮に入れないといけません。

そう考えると朝起きるのは、どんなに遅くとも午前4時前後にならざるを得ないでしょう。もし家族で旅行するとして、全員がこの時間に起きれるかは微妙ですね、誰か1人は寝坊してもおかしくないですwww

空港によっぽど近い場所に住んでいるのなら話は別ですが、ここまで早起きするのならむしろバスや電車で行った方がいいかもしれませんね。
 

民間の駐車場を使うのもアリ?

連休中の羽田の駐車場はとにかく混雑が必至なので、基本的にはバスや電車で行くのが無難な方法です。

しかし中には電車やバスで行った方が逆にお金がかかる!という人もいるかもしれません。

そういった方々は民間の駐車場を使うというのもアリでしょう、羽田空港周辺にはいくつかの民間駐車場があります、もちろん事前に予約しておくのもアリです、やはり利用する客は多いと思いますが少なくとも羽田空港内にあるP1~P4駐車場に比べればまだ空いているでしょう。また当日キャンセルするとキャンセル料が発生するのでそこも注意してください、以下の記事が参考になると思うのでぜひご覧ください!

羽田空港周辺の駐車場格安&おすすめ11選!

 

まとめ

最後にこれまでの情報をまとめておくと、

  • 一つの駐車場につき停車できる台数は2500台まで
  • 予約できる駐車場はP2~P4まで、別途料金1000円必要
  • 混雑するのは朝の7時から、5~6時台にいけばまず大丈夫
  • 天気がだった場合はさらに混む可能性大
  • 予約もできる民間の駐車場を使うのもアリ
  • 駐車場の階数は4階が理想、時間は早ければ早いほどよい

となります。

羽田空港に車でお越しの方はこれらのことをしっかりと意識して行動するようにしてください!
 

こちらの記事もどうぞ!

LCCが安い理由とは?既存の航空会社との違いを一挙紹介!

木下大サーカスの日程や混雑状況は? 平日がベスト?

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク