突然ですが、みなさん

下の画像を見て下さい、何と書かれていますか?

漢字の解

一目見て漢字の”解”だと理解できましたね。

 
では今度は、下のように”解”が連続して何個も描かれている画像をよぉーく見てください。

ゲシュタルト崩壊

 
さて改めてどう感じたでしょうか?

なんとなく”解”という漢字自体に凄く違和感を感じないでしょうか?

「あれ”解”ってどんな字だっけ? バラバラに見えてわけわかんない。」

という錯覚に見舞われたのではないでしょうか?

これこそがまさにゲシュタルト崩壊というものです。

大学生用語
 
ゲシュタルトというのは、ドイツ語で”形、形状”を意味します。言ってみれば人間の目が起こす一種の錯覚現象のことで、まとまりのある構造から全体性を失い、個々の部位にバラバラに切り離して認識してしまう現象のことを言います。

 
先ほどの例で言うと、”解”が連続して並んだ漢字を見続けた結果、この字の各部分がバラバラに見えてゲシュタルト崩壊したわけです。

さらに”解”という漢字は、角と刀と牛の3部分にわかれています。ゲシュタルト崩壊は、このように別々に意味を持った漢字から成り立っている漢字に対して引き起こしやすいと言われています。




スポンサーリンク

 
もともとは失認の症例として報告されていたものが、何の視覚的障害もない健常者にも起こるということから、研究されるようになりました。

 
他にもゲシュタルト崩壊しやすい漢字としては”借、話、勇、粉、若、盛、岳“などが挙げられます。

 
ゲシュタルト崩壊、とはまた話が違ってきますが、2chなどでお馴染みアスキーアートなどは、各部位はパソコン上で打てる文字で成り立っていますよね。

キタ━(゚∀゚)━!!

(・∀・) \(^o^) / (=゚ω゚)

(´ρ`) (⌒-⌒) (^▽^)/

 
などなど愉快な顔文字がたくさんありますね、どれもネットの掲示板などでよく見かけると思いますが、これら顔文字の部分は普通の文字なのに、全体としてみると人の顔っぽく認識できます。

これもゲシュタルト心理学によって説明されるものです。

 
実はなぜこんな現象が起こるのかは、まだよく解明できていません。簡単な文字なのに、ゲシュタルト崩壊が起こって読めなくなると言うのは、凄く不安な気持ちになりますよね、

僕も何度か経験あるんですが、別に深刻な病気ってわけでもないのであまり気にしないことです。人間の脳はまだまだわからないことが多いんですね♪

 

関連記事

鳥は飛んでる時も寝る? 驚くべき研究結果が明らかに!

名無しの権兵衛の由来って?英語で言うとどうなる?

時計の針が右回りの理由とは?起源を探ると納得!




スポンサーリンク