ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

国際

メイ首相は第2のサッチャー? 経歴や政策、人物像の紹介

投稿日:2017年1月28日 更新日:

アメリカのトランプ大統領が

イギリスのテリーザ・メイ首相と初の首脳会談に臨みました。

※出典元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/27/trump-may_n_14451258.html

※出典元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/27/trump-may_n_14451258.html

 
イギリスは昨年6月の国民投票でEUの離脱が決定し、

責任をとる意味で当時のキャメロン首相が辞任、

その後を継いだのがテリーザ・メイ首相です。

イギリスEU離脱問題を改めて考える

 
かつてイギリスでは1980年代に通称”鉄の女“と呼ばれた

マーガレット・サッチャー元首相が

財政赤字を克服してイギリス経済を立て直した

名宰相として評価されています。

今回新しく就任したメイ首相が果たして第2のサッチャー

なりうるのか、EU離脱で先行きが不安な

イギリスをどう導いていくのか注目されます。




スポンサーリンク

 

テリーザ・メイ首相の経歴

テリーザ・メイ首相

 
テリーザ・メイ首相は1956年10月生まれの60歳、

イングランドのイーストボーンと言う都市で生まれて、

公共活動派だった父に影響されて12歳の時に政治家への道を

歩もうと決意します。

 
オックスフォード大学を卒業し、

しばらくはイングランド銀行で働いていましたが、

1997年に下院議員に当選して2002年には保守党の幹事長に就任するなど

異例なスピードで出世を果たします。

2010年の総選挙で保守党が圧勝して政権に復帰、

その後発足したキャメロン内閣で内務大臣に就任して

出入国管理を厳格にするなど、

テロ対策を強化する政策に携わります。

メイ首相とエリザベス女王

メイ首相とエリザベス女王

 
2016年6月23日に実施されたEU離脱を問う国民投票によって

離脱派が勝利したのを受けて

キャメロン首相が辞任を表明します。

早くからポストキャメロンと期待されていたメイ氏は

後継者選びの保守党党首選挙で立候補を表明し

見事に当選、マーガレット・サッチャー氏に次ぐ

2人目の女性首相に選ばれました。




スポンサーリンク

 

メイ首相の人物像やファッションについて

メイ首相は、自分の考えを表に出さず、

政治家同士でなれ合うことも少ないため

氷の女王“と言う呼び名もあります。

冷たい印象を持たれるメイ首相ではありますが、

同僚の議員や部下たちからは高い評価もあって、

「メイ氏が大臣だったころの内務省はキリッとしていた。

そして何よりぶれない人で信頼はかなり高い。」

と語る人もいます。

メイ首相のファッション

 
プライベートでは料理が好きだと言われて、

100冊の料理関係の本を持っているそうです。

またオシャレやファッションにも興味があるそうで、

2002年の保守党集会にはヒョウ柄の

ハイヒールを履いて登場したこともあります。

 

メイ首相の政策は? 第2のサッチャーとなるか?

メイ首相は1979年から1990年まで在任した

サッチャー元首相に次ぐ2人目の女性首相です。

 
サッチャー元首相の政策は新保守主義ともいわれていて

経済の規制緩和や、国営企業の民営化で

経済の競争力強化を掲げて

イギリス経済を立て直した実績がある一方で、

強硬な反共主義を抱いていたり、

フォークランド諸島にアルゼンチン軍が侵略した際には

間髪入れずイギリス軍を派遣して

アルゼンチン軍を放逐した強硬な姿勢も

当時のイギリス国民に高く評価されました。

こういった強硬路線や経済改革の実績から

後に”鉄の女“とまで言われるようになりました。

マーガレット・サッチャー元首相

マーガレット・サッチャー元首相

 
今回就任したメイ首相もサッチャー氏と同じく

保守党所属で、その思想は似ている部分があります。

内務大臣時代にはテロ対策を強化するとして、外国人の

出入国管理を厳格化させたり、

また現代的奴隷労働の摘発を徹底的に強化するために、

人身売買の犯罪歴のある者の出入国を

禁止する法案の可決にも尽力しました。

 
さらに移民受け入れに関しても消極的で

過去には、

「移民の流入で低賃金の職に就いている人達の賃金が

さらに低下したり、失業者を増やす結果となる。」

とも発言しています。

 
またいわゆる欧州懐疑主義者ともいわれていて、

欧州の経済的な統一にはどちらかと言えば反発的な立場をとっています。

 
以上のことから政策・思想的にはサッチャー元首相と

似通った部分も多いことから、

メイ首相は第2のサッチャーになる可能性もあります。

そしてその時のアメリカ大統領はロナルド・レーガン氏、

政策や思想もトランプ大統領と

共通している所が多いと言えます。

どことなく当時の世界情勢と似ていて、

まさに歴史は繰り返すということでしょうか。

 

関連記事

2017年の世界情勢はどうなる? フランスの大統領選の行方は?

スコットランド独立運動について解説! 賛成派と反対派の主張は?

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南シナ海の領有権問題をわかりやすく解説! 中国の主張や狙いは?

昨今話題の国際ニュースの一つとして中国と東南アジア諸国による南シナ海の領有権問題がよく取り上げられます。 中国を含め多くの国が領有権を主張してるので、ちょっとややこしいなと思ってしまいがちだと思います …

コロンビア内戦の原因とは? 平和賞受賞でゲリラと和解?

今年のノーベル平和賞にコロンビアのサントス大統領が選ばれました。 長年にわたって続くコロンビア内戦の終結に尽力し、左翼ゲリラであるコロンビア革命軍との和平交渉を続け、今年の8月に合意に至った経緯と功績 …

韓国の学歴社会の驚くべき実態! 学生の競争は日本より過酷

今回は、韓国の学歴社会についてのお話をしたいと思います。 日本も学歴社会といわれていますが、 お隣の韓国は日本よりもさらに競争が激しいとされています。   上の画像は韓国の大学入試センター試 …

2017年の世界情勢はどうなる? フランスの大統領選の行方は?

ついに年が明けて2017年がやってきました。 去年はアメリカではトランプ氏が次期大統領に選ばれたり、 イギリスがEUから離脱することが決まったり、 韓国の朴大統領が弾劾されることが決まるなど、 国際情 …

アメリカの2大政党 共和党と民主党の違いを解説

  いよいよアメリカの大統領選挙も大詰めを迎えました。共和党のトランプ候補とクリントン氏が初めてテレビで討論し、アメリカのメディアは一斉にクリントン氏優勢と報道しました。 過去の大統領選挙に …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー