10月31日はハロウィン祭りで盛り上がりましたが、後2カ月もすると年末最後のビッグイベント”クリスマス”が来ます。クリスマスは昔から定着してきたイベントなので「あぁーまたか」といった感じで過ごす人もいると思います。

家族だったら、子供たちにプレゼントを買ってあげたり、恋人がいる人だったら、デートしたり一緒に過ごしたりするなど楽しい一時となることでしょう。

 


 
しかしクリスマスというのは本来はキリスト教の風習で、イエス・キリストの生誕を祝う祭りのはずです。

 
なぜか日本では恋人同士のためのイベントという感じで定着していますが本来の趣旨を理解してほしいです、これも宗教に関心がない人が多いことの弊害と言えますね。ただそんなことを言っても始まらないので、毎年一人暮らししている人や恋人がいない人にとっては辛いイベントとなっています。

俗にクリぼっちと呼ばれる男子ですが晩婚化が進んだ最近の社会では増えているようです。

そんな人達がなるべく鬱な気分にならないような上手な過ごし方を紹介したいと思います、マスターしてしまえばクリスマスぼっちの鑑だと拝められるかもしれませんよwww

 

1.外出したくなければ家から出ない、買い溜めをしておく

外出していろいろな施設や町に行くとどこもかしこもクリスマスツリーが飾ってあったり、カップルがいるなどで嫌でもクリスマスムードを味わってしまいます。それがどうしても嫌だというのなら思い切って家から一歩も出ないということもありです。

買い物とか食事とかどうすんだよ?

と言いたくなる人もいると思いますが、前日までにある程度食料品などを買い溜めしておくことをすすめます。こうすることでクリスマス・イヴと当日は外出する手間が省けます。

 

2.お金をかけなくて済む

クリスマスを一人で家で過ごすということは、逆にいえば変なイベントに参加する必要もないですし、プレゼントを恋人などに渡す必要もありません。

余計な出費をしなくて済む、というプラス思考で行きましょう。

 

3.仕事をする

ありきたりになってしまうかもしれませんが、本当に用事がないならわざわざ休む必要もないですね。

男は黙って仕事しましょう!

仕事終わりにはぼっち同士で仲良く飲みに出かけて気晴らしをしちゃいましょう、ただしこういった経験も早めに卒業したいところですwww

 


 

4.勉強をする

クリスマスだからこそ勉強して気を紛らせます。また他人がクリスマスでのほほんと過ごしている傍ら熱心に勉強すればその分他人と差を広げられます。

受験生の方や公務員試験、資格勉強に勤しむ方でぼっちの方は、クリスマスだからと言って変な気持ちにならずに普段通り勉強しましょう。

 

5.映画を見る

一番気を紛らわせられるのが映画鑑賞だと思います。

クリスマスの日に、あえてクリスマスと全く関係のないアクション映画とかサスペンス映画などを見て気分転換しましょう、間違ってもクリスマス関係や恋愛関係の映画は見ないようにwww

 

6.海外旅行(お金がある人限定)

お金は十分にあるけど、ぼっちで恋人がいない。という人なら思い切って海外に行っちゃいましょう。

海外に行ってもクリスマスだろ!

と思う人もいるかもしれませんが、イスラム教の国ならほぼ無縁なので大丈夫です。

イスラム教の国は治安が不安!

という人もいると思うので、その中でも比較的治安が安全な国に行けば大丈夫です。サウジアラビア、モロッコ、トルコあたりがおすすめです。

サウジアラビア

 
イスラム教がどうしても無理という人なら、仏教で盛んなタイやネパールがおすすめです、特に冬のタイは日本より暖かいので過ごしやすいです。

 
いかがでしたか、みなさんも恋人がいないからと言ってしょげずに、頑張ってクリスマスを乗り切りましょう!
 
【こちらの記事もどうぞ!】

日本のクリスマスの歴史を紹介!戦国時代から昭和までを振り返る!

 

人気ブログランキングへ