10月も中旬になり、ようやく肌寒くなったようです。

寒くなると流行するのはインフルエンザです。

毎年12月から3月にかけて大流行しますが、当然誰だってインフルエンザにはかかりたくないですよね。


インフルエンザにかかると本当にしんどいです、大学入試センター試験まで残り少なくなった高校生にとっては死活問題と言っていいでしょう。

そうならないために予防接種をする人も少なくないと思いますが、果たして予防接種の持続効果はどのくらいのものなのか、

またインフルエンザにかからないための必要な予防法、かかった時のための初期症状、風邪との違いなども解説します。

 


 

予防接種はいつ受ければよいか?

結論から言えば、インフルエンザが本格的に流行する2週間ほど前に受けたほうがよいということです。

注射によって体内に入ったワクチンは、2週間後にようやく効果が出始めると言われているからです。

目安としては11月の後半がちょうどよいと言えるでしょう。
 

ワクチンの効果はいつまで続くか?

ワクチンは摂取してから2週間でその効果が出始めます。

効果は徐々に薄れていきますが、それでも3~4カ月はもつと言われています。

免疫ができるのはその人の体質によるので、医師との相談で2回摂取する可能性が出てくるかもしれません。

受験が控えている学生は約1カ月の間隔をあけて、2回摂取することもあります。

 


 

予防接種はあくまでかかりにくくなるだけ!

インフルエンザ予防接種で一番勘違いが多いのが、

予防接種を受けたらもう安心、インフルエンザにはかからない!

という先入観を持っていることです。

 
これは大きな間違いです、予防接種はあくまでかかりにくくなるだけで、完全にかからないというわけではありません。

予防接種を受けても毎年何人かは実際にインフルエンザにかかっています。

 
しかし予防接種を受けようと受けまいと、普段の生活習慣がインフルエンザ予防には一番大事です。

基本的には人ゴミを避ける、外出時にはマスクをつける、加湿器を使って部屋の湿度を保つ、暖かい服装で寝る、しっかりと野菜など栄養の補給を怠らない、うがい手洗いを徹底するなどなど、これらのことを意識すれば大丈夫です。
 

もしかかってしまったら? 具体的な初期症状など

万全な対策をしてもインフルエンザにかかってしまった、という場合は落ち着いて考えて行動しましょう。

まず第1に考えるのは初期症状です。

普通の風邪との大きな違いは、風邪は季節に関係なくみられるものですが、一般にインフルエンザにかかるのは12月から3月くらいがピークです。

そしてその初期症状も、風邪の場合は発症後の経過が緩やかで発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりがほとんどです。

 
これに対して、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症するのが特徴です。

次に襲ってくるのが全身の倦怠感と食欲不振、関節痛なども現れるのも特徴です。

またもし肺炎などを患っていると合併して重症化する恐れがあります。

 
もし体調がすぐれないなと感じたら、上記の風邪との初期症状をよく比べて考えてどちらかを判断してください。

また病院でもらった薬を服用して症状が改善したと感じても、体内にまだウイルスが残っている可能性があるので、最低2日間の自宅療養は必要だと言われています。

 
いかがでしたか、参考になりましたら幸いです。

みなさんも体調を万全にしてこの冬を乗り切ってください。
 

おすすめ記事

冬の寒すぎる室内での暖かい過ごし方や服装などを紹介

冬の星座のお話 大三角形とダイヤモンド、絶好の観測スポットは?