そろそろハロウィンのイベントが近づいてきましたね!

日本の各企業もここぞとばかりにハロウィン商戦を繰り広げております。

コンビニなどではカボチャをモチーフにしたお菓子を販売していたり、店員がハロウィン風のコスプレをしてお客を招いたりしている光景が目立つようになりました。

 
さて日本でのハロウィンイベントは東京の渋谷でのコスプレ祭りが賑やかになりますが、海外ではどういったイベントになっているのか気になりますね?

実はハロウィンが起源の国はアイルランドとされていますが、そのお隣のイギリスではアメリカや日本ほどの規模ではないようです。

調べてみたらハロウィンで盛り上がる国は意外と少ないようですね。

 


 

ハロウィン発祥の地アイルランドでは?

ハロウィンの起源であるアイルランドでは当然現在でも10月31日はハロウィンのイベントで盛り上がります。

10月最後の月曜日が祝日となっていて、この祝日に続く州では全ての学校が休みとなります。

 
日本ではアニメや漫画など思い思いのキャラクターの衣装でコスプレするというのが馴染みとなっていますが、当然これは日本独自のアレンジなので誤解しないように!

 
アイルランドでも仮装しますが、そのほとんどが精霊や悪霊から身を守るための手段という古代ケルト人の本来の風習に従って仮装しているので、日本とはまるで違う光景になります。

また仮装した子供たちが大人からおねだりしてお菓子をもらう際の決まり文句として

Trick or Treat!(トリック・オア・トリート)がありますが、このセリフの意味は「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」という意味で、クリスマスの時期の酒宴の習慣に似た”ソウリング”という行為から発展したものらしいです、実はこれも魔よけのためだとか。

 

一番盛り上がるアメリカのハロウィン

やはりハロウィンイベントが一番盛り上がっている国といえば本場アメリカ合衆国でしょう。

ディズニーランドなどのテーマパークはもちろんですが、普通の住宅街でも子供たちが仮装して家を回るなどアイルランドやイギリスと同様の風習もあります。

 
日本のハロウィンイベントの一番の影響元となったのがアメリカと言われて、やはり本場アイルランドのハロウィン同様仮装するのですが、ディズニーやアメリカンコミックなど娯楽に富んだ国なだけにそういったキャラクターに扮する人も少なくありません。

また基本的には人間が見て恐ろしいと感じるものがハロウィンでは選ばれる傾向があって、幽霊やゴブリン、ゾンビ、ドラキュラ、フランケンシュタインなど欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物が含まれているのも特徴です。

これが日本に逆輸入されて、まるでコスプレ大会のような現状になったのです。

 


 

アイルランドの隣のイギリスでは祝わない?

ハロウィンの起源とされるアイルランドと国境を接するイギリスでは当然盛り上がっているだろうと思いがちですが、なぜかアメリカほど賑わってはいないそうです。

一応子供たちが家々を訪れて大人からお菓子をもらう風習はあるみたいですが、大規模な仮装大会やパレードといった賑わいはないみたいです。ショップの店員さんが仮装していたりする程度だそうです。

 
むしろイギリスで重視されているイベントといえば11月5日ガイ・フォークス・デイの方に力を入れているようです。

ガイ・フォークス・デイとは1605年にイギリスで起きた事件を記念したもので、時の国王ジェームズ1世と議員たちを殺そうとしたガイ・フォークスとその一味のカトリック教徒らを捕らえた日のことで、これが11月5日となっています。

アノニマスと呼ばれる集団がつけている奇妙なマスクのモデルになったのがガイ・フォークスと呼ばれていて、イギリスではこの日に花火をならしたり、かがり火をたく風習が昔からあるようです。興味のある方はぜひこの期間にイギリスを訪れてみてください♪

 

おまけ:その他の国では?

日本は外国の宗教の文化や慣習に割と寛容でハロウィンも盛り上がりますが、海外だとキリスト教のカトリックや正教会の国々ではほぼ無視されている現状があります。

またプロテスタントが主流の国でもハロウィンが「諸聖人の日」と重なっていることもあるせいか、あまり大きく取り上げられることはないようです。

海外に行ってハロウィンが盛り上がれるのはやはりアメリカくらいですね。

 

こちらの記事もどうぞ!

納涼祭の意味を解説! 暑気払いとの違いや楽しみ方とは?

ひな祭りの曲の歌詞の間違いって何? メキシコ人によるカバーとは?