ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

海外有名人

ハリウッド俳優のトム・ハンクスが東京都の居酒屋に出現

投稿日:2016年9月21日 更新日:

映画『ハドソン川の奇跡』がもうじき日本で公開されるのを前に、主演俳優のトム・ハンクスが来日しました。

この映画は2009年に実際に起きたUSエアウェイズ1549便の不時着水事故を映画化したものです。

 
この時の飛行機の機長チェズレイ・サレンバーガー氏を演じているのが、今回の主役のトム・ハンクスです。

 
同じ飛行機の副機長を演じたのが、こちらもハリウッドの名優のアーロン・エッカート、2人そろって来日し、映画『ハドソン川の奇跡』のPRをしました。

 
映画の中では、乗員乗客全員を救った英雄だったはずの機長が一転して容疑者という立場に変わるなど普通の報道などでは伝えられなかった裏の真実が描かれていて、非常に興味深い内容となっています。

 


 
さてそんなトム・ハンクスですがこれまでにも映画公開のたびに数回来日しており、中でも2009年5月に『天使と悪魔』が公開された際には、東京ドームでの始球式に登場するなど、日本好きな一面も見せています。

 
そして今回の来日ではさらに驚く情報が入りました。

なんとトム・ハンクスが東京都内の居酒屋に現れて日本のおじさんたちと一緒に写真を撮った画像が本人のツイッター上にアップされて話題を呼んでいます。

トム・ハンクスが東京都内のそば屋に降臨 「馴染みすぎ」と大反響
 
トム・ハンクス本人の自撮りみたいですが、すごく馴染んでいると話題のようです。ハリウッドで馴染みの名俳優がまさか居酒屋に姿を現すなんて誰も想像しないでしょう、一緒に写っているオジサン達からしたら最高の思い出となったでしょう。

 
実はトム・ハンクスは大の自撮り好きセレブとも呼ばれて数々の自撮り写真をSNSに投稿しています。

また世界のタイプライターを収集したり、道端に落ちている手袋や靴などにも妙に興味を示したりするなど変わった趣向を持っていて、インスタグラムでもそういった写真が多くあります。

 
そんな世界的大スターのトム・ハンクスが主演する『ハドソン川の奇跡』は9月24日から日本で上映されます。今年の目玉映画の一つになりそうなので、映画好きの方はぜひご覧あれ♪

 

おすすめ記事

トム・ハンクス主演の映画インフェルノで語られる人口爆発の恐怖

ABBAがデジタル技術で再結成? 経歴や代表曲などを紹介

 


-海外有名人
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルーノ・マーズ

グラミー賞歌手のブルーノ・マーズが来日! 代表曲や恋人の情報など

今週20日に放送される番組『ミュージックステーション』で、 来日中の人気歌手ブルーノ・マーズさんが出演します。 アメリカ合衆国ハワイ州出身のマーズさんですが、 これまでに数々のヒット曲を世に売り出して …

ABBA

ABBAがデジタル技術で再結成? 経歴や代表曲などを紹介

1970年代に大活躍したスウェーデンのアーティストグループABBAが再結成されることになったそうです。   再結成といっても、デジタル技術を駆使したプロジェクトの一環で元メンバーの4人らと米 …

blogshow666

ノーベル賞拒否? ボブ・ディランの態度に選考委員会も激怒!

先日ノーベル文学賞を受賞したアメリカの歌手のボブ・ディランさんですが、ここにきてノーベル賞選考委員会と連絡が取れない事態が発生しています。   肝心のボブ・ディランさん本人もノーベル賞受賞に …

ボブ・ディラン

ボブ・ディランがノーベル文学賞! 世代の代弁者の歌詞の魅力

今年のノーベル文学賞にアメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン氏が受賞することが決まりました。 日本の作家の村上春樹さんの受賞は残念ながら今年もお預けとなってしまいましたが、文学賞で歌手が受賞 …

blogshow325b

ボブ・ディラン授賞式を欠席へ。気になる先約とは? ファンの反応は?

2016年のノーベル文学賞の受賞が決定したボブ・ディランが、12月10日にストックホルムで開催される授賞式を欠席することがわかりました。 公式サイトの発表によると、 「先約があるため12月にストックホ …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。