ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

社会

増加する日本の貧困ビジネスは本当に救いの手なのか?

投稿日:2016年9月7日 更新日:

昨今日本の人口に占める貧困層の増加が目立っています。

厚労省が2014年7月に行った調査によると、等価可処分所得の中央値の半分の額に満たない世帯の割合が、16.1%に達し、日本人の6人に1人が貧困層という結果になりました。

 
この数字はOECD諸国の中で、アメリカに次いで4番目に高い数字といわれています。実は格差社会のイメージが非常に高いとされる、アメリカですら17~18%と日本と大差ないのですから驚きですね。

 
かつては1970年代の高度経済成長期に1億総中流といわれていた日本の社会ですが、バブル崩壊以降急激に進んだ円高、デフレ、不況、などなど様々な要因が重なり、格差が広がった社会になってしまいました。

 
特に2008年のリーマンショックの時には、仕事がなくなり失業した人々が、炊き出しを求め長い列を作ったり、年末が近かったことから、年を越すためNPOなどが東京都の日比谷公園で年越し派遣村を作り、失業者を支援したことが話題になりました。

 
このように年々増加していく貧困層ですが、この貧困層をターゲットにしたビジネスが昨今盛んになってきています。

いわゆる貧困ビジネスというものですが、この貧困ビジネスは貧困層を助ける一方で、同時に貧困層を苦しめる側面も持っています。



 

貧困ビジネスの中身は?

具体的にどういった業界・ビジネスが貧困ビジネスにあたるかというと、安い料金で食事ができるファーストフード店、マクドナルド、吉野家といった牛丼チェーンはワンコインで食事ができるからお世話になってる人も多いでしょう。

 
他にはインターネットカフェも挙げられます。こちらも安い料金で1泊休めることから、普及してますが、だいたい東京都内のネットカフェだと一泊2000円前後で休めるのが相場だと聞きます。

ネットカフェで寝泊まりする人たちのことを、ネットカフェ難民と呼んだりしますが、彼らもまた貧困層ですね。(もしくはただの趣味でネットカフェ巡りをしてるだけの人たちもいますwww)

 
そしてもう一つ代表的なのが、大学の学費を援助する奨学金業者です。

このように貧困ビジネスは確かに、貧困層の人達の役に立ち援助してくれるありがたい存在ではありますが、中にはあまりにも儲かるために、徹底的に搾取することを目的としたピンハネ業者まで出てきました。

 

貧困ビジネスの罠とは?

2014年秋に起きた低額宿泊施設「ユニティー出発」の和合元代表が所得税法違反で逮捕された事件では、なんと1億7000万もの所得隠しが発覚しました。

この低額宿泊施設のオーナーは、宿無しホームレスを集め、彼らにまず生活保護を支給させ、12万円分の生活保護費を全額いったん回収し、そこから宿泊代、食事代として搾取していったのです。しかもさらに日雇いを斡旋してそこから紹介料として3分の2以上を取り上げていたというのです。

最終的に住居者の手元に入るのは一か月で僅か2万円ほどだったそうです。

 
表向きには、家のないホームレスを助ける慈善事業とか言いつつ裏では、生活保護費からピンハネするという恐ろしいことをしていました。

 
今回はたまたま発覚しましたが、ハッキリ言ってこれは氷山の一角なのでしょう。

なぜなら、被害者となる貧困層は脱げ出したくても泊まる場所を失うし、もともと金もないので留まざるを得ないというのが現状です。弁護士に相談するようなお金もないので、実質抜け出すことは不可能なのです。こうした悪徳業者は、悪徳金融同様法律スレスレの感じで経営したりするので、検挙が難しかったりします。

 
残念ながら今の日本で貧困ビジネスがなくなることはあり得ません。これは先進国全て資本主義で格差がある限り絶対になくなることはありません。

貧困にならないように人生を送るに越したことはありませんが、人生何が起こるかはわかったものではありません。

 
起業して会社を経営して、億万長者になったとしてもリーマンショックのような大きな金融危機が起きると、今まで積み重ねた実績や資産が一瞬で崩壊しかねない、これが資本主義の怖さですね。

資本主義というのは、決して完璧なものでなくあくまでも社会主義よりもマシであるというだけです。



-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トム・ハンクス主演の映画インフェルノで語られる人口爆発の恐怖

今月28日からアメリカで公開される 映画『インフェルノ』の内容は本当にすごいみたいです。   原作は『ダ・ヴィンチ・コード』や『天子と悪魔』等で 知られる小説家ダン・ブラウンの著作であり、 …

海外から見た日本人のイメージを紹介! 良い所・悪い所は?

  日本人は海外からどのようなイメージ、印象を持たれているのでしょうか? ここ数年海外の人が日本の都会を闊歩する光景も珍しくないものとなりました、そのくらいグローバル化、海外からの観光客が増 …

海外で進む同性婚の合法化! 日本の事情は? 憲法24条の改正が必須?

今回は日本では原則認められていませんが、ここ最近の世界各国で広く認められつつある 同性婚について語っていきます。 世界でも賛成、反対と意見は大きく分かれているテーマです。     …

地方に移り住みたいと考えてる若者へ

  最近は東京へ移り住んだものの、その都会生活に馴染めず田舎、地方に逆戻りする若者が増えてきているらしいです。   東京は何といっても人が多いです、そして電車・バスは当たり前のよう …

地味でお酒飲めない人が忘年会を無難にやり過ごす方法は?

年の瀬といえば忘年会のシーズンでもありますね。毎年どこの企業でも恐らくやると思います。   でも中には そもそも忘年会なんか行きたくない! 早く帰宅してゲームしたい! 一人がいい! などと考 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー