ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

社会

地方に移り住みたいと考えてる若者へ

投稿日:2016年8月28日 更新日:

blogshow781

 
最近は東京へ移り住んだものの、その都会生活に馴染めず田舎、地方に逆戻りする若者が増えてきているらしいです。

 
東京は何といっても人が多いです、そして電車・バスは当たり前のように満員、窮屈な毎日を過ごしてストレスが滅茶苦茶溜まります。

実際僕も東京で過ごしたいとは思わないです。昔は東京に憧れて、地方から上京する若者が絶えなかった風に言われていてそれが地方との格差につながったわけですが、ハッキリ言って人が多すぎて、僕から云わせたら罰ゲームです。家賃も相当高いみたいですからね。

 
そんな東京が嫌だと言うなら、思い切って地方に行くのも有りです。しかし地方に行ったら仕事がない、と考えている方も多いようですが、そんな方にお勧めなのが地方都市への移住です。

さすがにド田舎ともなると、仕事先も見つからず、また生活もかなり不便となったりとアレなので、移住するのなら地方都市が便利で快適だと思います。




スポンサーリンク

 
そんな地方都市のメリットは、まず東京に比べて家賃が安いことにあります。

統計によると、やはり東京は全国47都道府県の中でダントツで高いです!

blogshow73

地方都市のなかでも、福岡・宮城・広島あたりは、家賃はそれほどでもなく、ある程度都会なので住みやすいと思います。

 
東京の難関大学出身の方だったら、地方に行けばまず間違いなく仕事にありつけます。そういった人材は地方には少ないのでチャンスなのです。

 
もちろんそれでも東京に行きたい、東京が好き、東京に憧れてる!

という人は好きにしていいと思います。

しかし、いつまでも東京一極集中で日本がこの先安定していけるかと言われたらそうではありません。

 
日本の今後のことを考えると、今の若者は東京に出向くよりも積極的に地方に行って自分を磨いた方がいいかもしれません。

今はインターネットがあるので、ネットで情報を検索し、楽に買い物もできますし、なんだったらインターネットでビジネスや起業もできるそんな時代です。

東京に行けなかったからと言って悲観する心配はないのです、むしろ自分をより高いレベルへ成長させるきっかけにしてください!

以上、僕なりの持論でした!

 

関連記事

ニートに希望の光? ベーシックインカムは必要不可欠か

成人式行かない若者はどのくらい? 式典の流れや参加する意義は?

満員電車を避ければ人生はもっと豊かになる

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忘年会はどう過ごす

地味でお酒飲めない人が忘年会を無難にやり過ごす方法は?

年の瀬といえば忘年会のシーズンでもありますね。毎年どこの企業でも恐らくやると思います。   でも中には そもそも忘年会なんか行きたくない! 早く帰宅してゲームしたい! 一人がいい! などと考 …

若者パソコン

スマホネイティブ世代の若者のPCスキルが低下!

  ここ数年大学生のパソコンスキルが著しく低下しているのが問題になってきています。 特に顕著になってきたのが、入社したばかりの新社会人です。   いろいろな事務手続きや書類を制作す …

成人式行かない若者

成人式行かない若者はどのくらい? 式典の流れや参加する意義は?

年が明けると正月になりますが、同時に成人の日が間近に控えていて 新成人たちが祝うイベントが行われます。   2016年に新成人を迎えた人の数は統計で121万人で、 少子化の影響で徐々に数が減 …

blogshow17

日本の労働現場は不公平? 同一労働同一賃金の問題点について解説!

  最近よくメディアで耳にする言葉ではありますが、現在の安倍政権が進める政策の一つに “同一労働同一賃金“というものがあります。   これは言ってみれば、 …

有機ELテレビ

テレビの救世主? 有機ELテレビの凄さや液晶との違いは?

テレビ離れが叫ばれる中テレビの売り上げも減少しているらしく、もはやスマホさえあれば十分だという人も少なくないそうです。もちろんまだテレビを見ている人は多いですが、それでも全盛期の頃に比べて視聴率の低下 …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー