ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

雑学・豆知識

節分と立春の関係は? 豆まきの由来と恵方巻きの方角って何?

投稿日:2017年1月26日 更新日:

もうすぐ1月も終わりで2月になります。

2月になれば最初に節分という行事が巡ってきますが、

この節分の日では大豆を撒くという風習が昔からあります。

またスーパーやコンビニでは一斉に恵方巻の販売に力を入れます。

それぞれの由来や意味などを詳しく解説していきます。




スポンサーリンク

 

節分の意味について、立春との関係は?

節分の由来・恵方の意味など

 
節分とは”季節を分ける“という意味で、

本来は各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指します。

従って、2月の節分というのは立春の前の日なので、

毎年2月3日頃に当たります。

 
しかし本来であれば各季節の始まりにある日なので、

夏・秋・冬にも節分を設けるべきですが、

現在ではもっぱら2月の立春の前の日だけを指す言葉になっています。

立春

 
これに関しては、特に立春が4つの中で一番重要視されてきたからです。

旧暦では立春というのは1月1日、元日を指していました。

それが時代を経るにつれて2月4日頃に移ったわけですが、

この考えだと節分は12月31日の大晦日になるわけです。

そして季節の変わり目には悪いもの(邪気など)が

家に入ってきやすいという考えがありました。

1年を気持ちよく過ごすためには邪気をなくす必要があると

考えて大晦日に邪気を祓う儀式を行って新年に福を呼び込もうとしたのです。

これが節分の始まりです。

 
実際新年を祝う言葉に”迎春”というのがありますが、

1月1日が立春だった時の名残だと思えば納得がいきますね。




スポンサーリンク

 

豆を撒くのは何故? 掛け声は地域によって違う?

豆撒きの由来

 
先ほども説明した通り節分では邪気を祓う儀式を行います。

その邪気を祓うために行うのが豆撒きです。

なぜ豆を撒くのかというと、

その由来は平安時代初期の宇多天皇の時代にまで遡ります。

この時代に鞍馬山から出てきた鬼を静めようと、

祈祷をして鬼の穴を封じ、三石三升の大豆を鬼の目に投げて、

災厄を逃れたという故事伝説が有力な説となっています。

豆には「生命力と魔除けの力が備わっている」という信仰がありましたが、

一方で「豆」と「魔目」という語呂合わせがあることでも邪気が祓えるという

意味合いも含まれています。

 
また豆を撒くときの掛け声ですが、

良く知られているのは「鬼は外、福は内」です。

勿論現在でも多くの地域で用いられている掛け声ではありますが、

鬼を祭神としている一部の地域(特に神社など)や

鬼の漢字が名字に含まれている世帯などでは、

福は内、鬼も内」と呼ぶようにしています。

 

恵方巻の発祥は? 方角って?

恵方巻

 
節分の日は豆を撒くというのは有名な風習ですが、

もう一つの目玉として大きな太巻き寿司を食べるという風習もあります。

この風習は1998年にセブンイレブンが”恵方巻”という名称で全国発売したことで、

全国的に知られるようになりましたが、

それ以前は昭和初期から大阪を中心として行われていた風習で、

幸運巻寿司という名の豪華な太巻きを

恵方の方角に向かって無言で願い事を考えながら丸かじりするというものです。

また食べる際には”目を閉じる”というのが正しいやり方だそうですが、

そもそも恵方って何? と疑問に思う方も多いことでしょう。

 
恵方というのは、陰陽道において福徳を司るという歳徳神が

在する方位という意味です。

恵方は別名”吉方、兄方”とも言いますが、その方角に向かって

事を行えば、1年が幸福になるということですが、

この恵方は実は年によって向きが違ってきます。

ある年の恵方とは、その年の十干によって決まります。

十干とは、”甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸“の10種類の要素を指しますが、

これは古代中国で考えられたものらしく、陰陽を割り当てているそうです。

十二支と似ていますが、昔の人々は十二支と十干を組み合わせて、

日時や方位を表していたそうです。

恵方を示した図

恵方を示した図

 
上の画像が十干と十二支による方位図です。

しかしこれだけ見ても何のことかわからないですよね。

凄くややこしく見えますが、

実際に恵方を指す方角は4方向だけと決まっていて、

縦横が直角に交わる十字架となります。

そしてその十字架は綺麗に東西南北ではなく、

上の図のようにややズレています、ズレの角度は15度なので、

恵方の角度は、時計回りに75度、165度、255度、345度となります。

16方位を使ってそれぞれの方角をより詳しく書くと、

東北東やや東・西南西やや西・南南東やや南・北北西やや北

 
故にこの4つの内のどれかがその年の恵方と決まります。

因みに今年は2017年なので干支は酉、十干は”丁”となります。

十干というのは西暦の下一桁によって決まります。

今年は7となりますが、一番左の甲を4として順番に数えるので、

4番目の丁が2017年の十干となるわけです。

ただ4つの方向に対して10の漢字を割り当てると

どうしても被りが生じてしまいます。

そこで”南南東やや南”の方位に4つの十干を割り当てて、

残り3つの方位に2つずつ十干を割り当てています。

 
東北東やや東:甲・己(75度)

西南西やや西:乙・庚(2555度)

南南東やや南:丙・辛・戊・癸(165度)

北北西やや北:丁・壬(345度)

よって今年の恵方は”北北西やや北”となります。

 
いかがでしたでしょうか、やや長い説明になりましたが、

最後までご覧いただきありがとうございます。

よければこちらの記事もどうぞ!

4つの分点と至点である春分・夏至・秋分・冬至について解説

 

関連記事

雪国・豪雪地帯の人々の暮らしぶり、生活の知恵を紹介!

冬至に入るゆず湯の健康効果は? 肌の弱い人は大丈夫?

花粉症は真冬の時期でも要注意! 原因や効果的な予防・対策法など

 

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

-雑学・豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイキャッチ画像

よく耳にする”ゲシュタルト崩壊”って?

突然ですが、みなさん 下の画像を見て下さい、何と書かれていますか?   一目見て漢字の”解”だと理解できましたね。   では今度は、下のように” …

二重表現

多くの人がついつい使ってしまう代表的な二重表現を紹介!

  普段の日常生活の会話の中で何気ない感じでふと二重表現を言ってしまうというのは多くの人が経験あると思います。   例えば”違和感を感じる“というのは代表的 …

バレンタインの由来

バレンタインの起源や宗派による違いは? 日本で普及した理由は?

今回は毎年2月14日で祝うバレンタインデーの起源について解説していきます。 バレンタインはウァレンティヌスという古代ローマ帝国時代の聖職者の名前が由来だそうですが、カトリックと正教会で見解が異なるよう …

飲みかけのペットボトル常温

飲みかけのペットボトルを常温で放置すると危険? 夏場は要注意!

これは知っておくと役立つ生活上の豆知識のPart2です。 今回は健康面も考慮した知識の紹介です。また山登りの時に方角を知りたくなった場合の豆知識なども合わせて紹介していきます、ぜひ参考にしてみて下さい …

同音異義語

回顧と懐古、制作と製作、関心と感心などの代表的な同音異義語を紹介

  日本語を学習する上に置いて、難しくややこしく感じるのが数多くの同音異義語です。実際日本語を学んだ多くの外国人が同音異義語の多さに驚いており、我々日本人も混同している場面は多いです。 &n …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。