ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

宇宙

探査機Junoが捉えた木星の最新の姿!

投稿日:2016年8月19日 更新日:

木星

 
2011年8月に打ち上げられた探査機が約5年の歳月を経て先月木星の軌道周回上に入りました。

探査機の名前はジュノーと呼び、NASAが太陽系探査を行うニュー・フロンティア計画の一環として打ち上げたものです。

このジュノーの調査で、木星の組成、重力場、磁場、極付近の磁気圏の詳細なデータを収集できる見込みとなり、木星の内部構造、内部はどんな光景なのかもわかるかもしれません。

 
そこで今回は巨大惑星木星のいろいろな情報を、紹介していきたいと思っております。

 

1.第2の太陽になり損ねたジャンボ惑星

太陽系で内側から順に、水金地火木…と数えて5番目に来る惑星です。

最大の特徴といえば、その大きさです。
太陽系の惑星の中でも質量、大きさは最大であり、直径は約14万Kmで、地球の約11倍、体積は1300倍もあります。しかし主成分がガスであるためか、質量は地球の320倍ほどです。

もし木星が今より80倍ほど重く生まれていたら、太陽系第2の太陽として誕生したといわれています。地球から物凄く距離が離れていても、夜空になると肉眼で確認できたりします。

 

2.速すぎる自転!

木星の驚くべき特徴の一つはその自転速度です。

なんと10時間で1回転してしまうそうです!このあまりの速すぎる自転のために、木星は赤道部分がやや膨らむ楕円球の形状になっています。

 
【スポンサーリンク】

 

3.多すぎる衛星

惑星があまりにも巨大なためか、衛星が67個も発見されています。

木星の衛星で有名なのが、大昔にガリレオが発見した4つで、イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストと呼ばれるガリレオ衛星です。

このうち衛星イオは、活火山があることがわかっており、衛星エウロパの表面は3kmにも及ぶ厚い氷で覆われており、その下の海には生命の存在の可能性も指摘されています。

 

4.地球が3つも入る大赤斑とは

木星の表面の画像を見ると、赤い大きな斑点が見えると思います。

blogshow31

 
この大きな斑点模様の正体は、巨大な台風のようなもので木星全体に比較すると大きさはそうでもないように見えますが、実は地球が3つ分も入る大きさなのです!

そしてこの大赤斑、初めて観測されて300年以上経過してますが、未だ消えてませんwww

地球が3つも入る巨大台風が300年以上も消えていないなんて、凄すぎですねwww これと同じ規模の台風が発生したら地球なんか跡形もなく吹っ飛びそうです、毎年ゲリラ豪雨ごときで大騒ぎする日本なんかかわいいものです (⌒∇⌒)

 

5.彗星お掃除係

木星はその巨体と重力効果のおかげで、内惑星の領域に近い数多くの彗星衝突を引き受けているとされています。

つまり木星がなければ、地球には今よりもっと小惑星が衝突する危険性があったと考えられるのです、木星ありがとう!

実際に今までにも多くの天文学者らが、木星の表面に衝突痕を発見しています。

 

6.探査機Junoが捉えた最新画像

今回の探査機Junoは木星の画像をいろいろな角度から捉えてくれました。

中でも驚いたのが木星の巨大オーロラです。木星にもオーロラが出来るのかと初めて知りましたが、その画像がコチラです。

木星のオーロラ

 
いやぁー、本当に神秘的ですね。

これはかなり貴重な画像だと思います、しかもこのオーロラ、地球なんかすっぽり覆っちゃうくらい大きいですよね。オーロラが出現するということは木星にも磁場があるということです。

当然惑星そのものがでかいので、磁場の強さも地球の14倍に相当します。

 
以上、木星の特徴について簡単に紹介していきました!

将来宇宙旅行が生きている間に実現できれば、ぜひ木星を生で見たいものです♪

 
【スポンサーリンク】

-宇宙

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blogshow110

太陽系9番目の惑星発見なるか? すばる望遠鏡の本領発揮

かつて太陽系には、 水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、 そして第9番目の惑星として冥王星が存在していました。 しかし2006年に、当時のIAU国際天文学連合の決議で、冥王星が惑星の定 …

月への旅行

月への旅行にかかる値段はおいくら? 1年間住む費用も計算!

  地球に住んでる我々にとって一番身近な天体と言えば月ですね。太陽の光によって周期的に夜空に見える形は変わりますが、一番身近にあるとはいえ地球からは約38万kmも離れているとされています。誕 …

地球に似た惑星

トラピスト1で地球に似た惑星を発見! 生命・海の存在も?

先日NASAが衝撃の発表をしました。 その内容は地球から39光年離れたトラピスト1という恒星系において地球に似た惑星を7つも発見したということです! しかもその内いくつかの惑星では海も存在するそうです …

blogshow04

次回の出現は45年後 ハレー彗星観測の歴史

有史以来人々によってその姿を何度も目撃されてきた、長い尾をもった巨大な彗星。 その代表的なものがハレー彗星ですが、1758年に発見したイギリスの天文学者エドモンド・ハレー氏の名前をもとにこの名前が付け …

火星

火星ってどんな星? 太陽系最大の山、生命の存在の可能性など

先日書いた記事で火星の移住計画について語りましたが、今回はいざ本当に移住することができたとしたら、と思うとわくわくしてきますね。   もちろんかなり遠い未来になると思いますが、ここで改めて火 …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー