ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

アニメ

アニメ化したラノベの主な人気作品を紹介、90年代の作品も!

投稿日:2016年10月22日 更新日:

日本ではこれまで様々な漫画作品がアニメ化されていますが、

ライトノベル作品も次々と新しいのが毎年のようにアニメ化されています。

今回は個人的におすすめする面白いと思った

ライトノベル作品を紹介していきたいと思います、

一昔前の作品もありますのでぜひご覧ください♪

 


 
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

blogshow656

 
大森藤ノさんによるライトノベルで、2013年から連載されていて

現在でも続いている作品です。

元々は著者が小説投稿サイト「Arcadia」に投稿した作品で

前のタイトルは「ファミリア・ミィス」だったそうですが、

第4回のGA文庫大賞を受賞したのちにタイトルを現在のように変えて書籍化したものです。

ストーリーは広大な地下迷路「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオが

舞台となっているファンタジー作品で、累計発行部数は500万部を超えています。

 
六花の勇者

blogshow651

 
山形石雄さんによるライトノベルで、2011年から刊行され

現在でも続いています。

ジャンルはファンタジー系で、タイトルにもある通り6人の勇者が集まって

悪しき魔神を倒すという王道のファンタジー系の物語ですが、

なぜかそこに7人目が紛れ込んで一緒に戦うということになります。

互いが互いを信じたり疑いながら、手の内を探りあったり騙しあったりするという

一風変わった展開は、ファンタジーとミステリーとを合わせたようになってます。

 
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイル

 
渡航さんが描く青春ラブコメディ作品。

友達が一人もおらず作ろうとも思わないひねくれた高校生が、それを見かねた

教師によって「奉仕部」という部活に入れられるところから物語が始まります。

またタイトルが長すぎるので作者によって”俺ガイル”という

略称が用いられて話題になりましたが、略し方が少し強引のような気がしますね。

 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない

blogshow655

 
伏見つかささんによるライトノベルで2008年から発行、

ジャンルはラブコメディです、通称”俺妹”。

勝気な性格だった妹が実は隠れオタクだったこを知り、

不仲だった妹に振り回されることになる兄の奮闘を描いた作品です。

実はそれほど大ヒットすると予想しておらず、著者の伏見つかささんは

これが最後の作品になると思って書いた作品だそうです。

兄妹関係の変化を丁寧に描いたのが評価されたようです。

 
とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録

 
鎌池和馬さんによるライトノベルで2004年から発行、

ジャンルはSF系バトル作品となっています。

2000年代を代表するライトノベル作品といっても過言ではないでしょう、

実は作者のデビュー作品でもあります。

超能力や科学兵器で戦う者と魔術や聖書で戦う者が対立するというストーリーです。

他にも、スピンオフ作品として御坂美琴を主人公とした

『とある科学の超電磁砲』も累計発行部数が2800万を超える大ヒットを記録しています。

 


 
~少し古いライトノベル系作品~

ここから先は少し時代が遡って90年代の作品になります。

最近の10代は知らないと思う人が多いと思いますが、

この世代じゃない人でもきっと面白いと思う作品ばかりなので参考にしてみてください。

 
ロードス島戦記

blogshow652

 
90年代初期を代表するライトノベル作品。

著者は水野良さんで、呪われた島ロードスを舞台にした英雄たちの興亡と

冒険を描いたファンタジー物語です。

OVAという形式でアニメ化されてその後はテレビアニメ化されました。

エルフに魔法、ドワーフ、ドラゴンなどなど

どことなく海外の指輪物語の影響が色濃い作品となっています。

余談ですが日本のファンタジー系でよく出るエルフは長い耳という種族で

有名ですが、そのイメージを強烈に固定化させたキャラが

本作に出てくるヒロインのディートリッヒと言われています。

海外では必ずしも耳の長いキャラはエルフというわけではなく、

むしろ悪魔のモチーフになっているようです。

 
スレイヤーズ

blogshow657

 
神坂一さんによるライトノベルで1990年から発行、

ヒロイック・ファンタジーに分類される作品です。

1990年代を代表するライトノベル作品で、

一般の層にまで人気を広めたまさに金字塔的な作品、

発行部数は全シリーズで2000万部にものぼります。

テレビアニメ化しかり、漫画化、映画化、OVA化、そしてゲーム化など

多種多様にメディア展開されていずれも大成功しており、

まさに時代はスレイヤーズブームでした。

 
それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ

blogshow654

 
庄司卓さんのライトノベルで、

ジャンルはSF、30世紀を舞台にした宇宙戦争もので、

4人の美少女が巨大戦艦に乗って活躍する物語です。

筆者が幼少期の頃読んでいた数少ないラノベで

その独特の世界観に魅了された記憶があります。

タイトルが似てますが『宇宙戦艦ヤマト』とはまるで別の作品で

全く関係ありません。

実は最終巻を残してしばらく休載していたのですが、

2010年に完全版という形で再開し、2013年に完結しました。

 
魔術師オーフェンはぐれ旅

blogshow658

 
秋田禎信さんのライトノベルで、90年代の中では「スレイヤーズ」と並ぶ

大ヒット作品、シリーズ全体で1000万部も発行されました。

本編全体はシリアスな展開ですが、後半部分はコミカルな部分がやや目立ちます。

ジャンルはファンタジー系ですが、個性あふれるキャラや

魔法詠唱に関して独特の台詞回しなどが特徴的で、

秋田先生の文章力の高さもあって人気作となりました。

 
フルメタル・パニック

blogshow653

 
賀東招二さんのライトノベルで、

幼少期から戦場に身を置いてきた1人の兵士を主人公にした

SFミリタリーアクションになっています。

2002年から2005年まで3期にわたってアニメ放送もされた人気作です。

来年の秋に新作となる「フルメタル・パニック! Ⅳ」の

放送開始が予定されているそうです。

 

人気ブログランキングへ

 


-アニメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名古屋の大須

秋葉原・日本橋・大須 オタク三大聖地の定義が揺らぐ?

  日本で一番有名なオタク街といえば、ご存知東京の秋葉原ですね。筆者も何度か東京に足を踏み入れたことがあり、秋葉原にも何度か行ったことがあります。 ただやはり人は多いですね、最近では日本人の …

君の名は。の元ネタ

『君の名は。』の元ネタは小野小町の和歌? 新海監督の経歴や海外の反応は?

現在絶賛公開中のアニメ映画『君の名は。』が空前の大ヒットとなっています。 興行収入は既に200億円を超えて、スタジオジブリ作品の『千と千尋の神隠し』以来の大ヒットを記録して海外でも高い評価を得ているよ …

難読または読み間違えやすい漢字

千と千尋の神隠しの大ヒットの要因とは? 着想の源や没案も紹介

現在大ヒット公開中のアニメ映画『君の名は。』が興行収入200億円を超えたことが話題になっています。 因みにこれまでで興行収入最大の日本の映画はスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』で308億円ともはや金 …

アンバランスなKissをして

モンストが幽白とコラボで戸愚呂弟も熱狂! サングラスも当たる?

人気ジャンプ漫画の幽☆遊☆白☆書がモンストとコラボすることが決まりました、ファンの人には胸熱だと思います。   コラボを記念して東京都渋谷区には、作品に登場する悪役キャラの戸愚呂弟の巨大なオ …

天沢聖司のストーカー説

『耳をすませば』の主題歌と聖地について解説! 天沢聖司のストーカー説とは?

今週27日の金曜ロードSHOWでスタジオジブリの人気作『耳をすませば』が放送されます。 先週、先々週に続いてスタジオジブリが3作続いての放送となりますが、今回放送される『耳をすませば』は思春期の男女の …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー