ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

宇宙

エウロパだけじゃない? 生命存在の可能性がある衛星エンケラドスとは?

投稿日:2016年10月17日 更新日:

この前当ブログでは木星の衛星エウロパについてお話ししました。

NASAが衛星エウロパの新情報を公開! 生命存在の可能性は?

 
この衛星エウロパは、太陽系内にある星の中で最も生命が存在する可能性が高い衛星ということで話題になり、NASAがつい先日探査の最新情報を公開しました。

 
しかし実はこの衛星エウロパ以外にも生命が存在するかもしれないと言われている衛星があります。

それが今回紹介する土星の衛星エンケラドスエンケラドゥスとも)です。

エンケラドスとはどういった衛星なのか、なぜ生命が存在すると言われているのか、簡単に解説します。

 


 

1.エンケラドゥスはどんな星?

エンケラドスとは土星の第2衛星で、土星から24万kmの位置を33時間ほどで公転しています。

この衛星は1789年に天文学者のウィリアム・ハーシェルによって発見され、エンケラドスという名前はギリシア神話に出てくるギガース族の1人エンケラドスに由来しています。

 
衛星自体は直径500kmという小さめのサイズですが、土星の衛星の中では6番目に大きいです。また反射率が非常に高く太陽系の中で最も白い星とされています。

表面を覆っているのは氷ですが、実はこの氷の下には広大な海が広がっていることが、NASAの無人探査機カッシーニによってわかったのです。

また微量ながら大気が存在することもわかっています。大気の主成分は水蒸気とされていて、エンケラドス表面にある火山から間欠泉として地下から大量の海水が噴出しているのです。

エンケラドゥスの間欠泉

 
エンケラドスは土星の衛星なので、太陽からの距離はかけ離れていて物凄く寒いはずなのですが、それでも地下に液体の水があるのは、土星との間に生じる潮汐力により熱のエネルギーが発生しているためだと考えられます。

 

2.地下の海には生命が存在する?

先ほど説明した通り、エンケラドスの地下には水があり、また土星との間で生じる潮汐力の熱エネルギーがあります。

実はこれだけなく、カッシーニの2008年に行った観測では摂氏マイナス93度というホットスポットがあり有機物が存在することが確認されました。

翌年の観測ではエンケラドスの水蒸気から塩化ナトリウムや炭酸塩を検出しています。生命が存在するか、存在する環境に適した衛星であると指摘されているのです。

エンケラドゥスの海

 
熱源もあることからエンケラドスの海水のさらに地下深くは、地球の深海と環境が似ているといわれています。

地球の深海はエネルギーの源とされる熱水の噴出口があるとされ、太陽光が届かない場所でも独自の生態系が生み出されているのが特徴です。

エンケラドスには太陽光が届かないため、もしもこういった環境が何億年も続いているのなら、最低でも地球に原始生命が誕生した頃のような生命のスープがあるのでは、と日本科学未来館の関根准教授は語っています。

 
以上の説明からエンケラドスは木星の衛星エウロパと非常に環境が似ていることが伺えます。

いずれも表面の氷の層の地下に海が広がることから推測されることですが、今後もこの2つの衛星の探査からは目が離せないですね!

 

人気ブログランキングへ

 


-宇宙
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小惑星アポフィスが近い将来地球に衝突?

今回は久しぶりに宇宙のお話をしますが、その前に下の画像をご覧ください。   いきなり何だ?と思われた方もいるでしょう。 これは地球にいる我々の身近な天体である衛星の月の表面の画像ですが、その …

宇宙開発さらに加速! キューブサットの開発に民間企業も続々と参入

近年日本の宇宙開発の技術の進歩は目覚ましいですが、 特に目立ってきたのが宇宙に打ち上げる衛星の小型化です。   このたび東京大学が開発した新型の衛星は、 何と重さがたった3kgという超小型で …

探査機Junoが捉えた木星の最新の姿!

  2011年8月に打ち上げられた探査機が約5年の歳月を経て先月木星の軌道周回上に入りました。 探査機の名前はジュノーと呼び、NASAが太陽系探査を行うニュー・フロンティア計画の一環として打 …

オリオン座のベテルギウスの超新星爆発は間近? 地球への影響は?

冬の星座の代表格として知られるオリオン座ですが、そのオリオン座を構成する代表的な一等星がベテルギウスという恒星です。冬の大三角形を構成する恒星としても知れて、非常に明るく観測しやすいですが、その大きさ …

太陽系の第9惑星は存在する? すばる望遠鏡で発見なるか?

かつて太陽系には、 水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、 そして第9番目の惑星として冥王星が存在していました。 しかし2006年に、当時のIAU国際天文学連合の決議で、冥王星が惑星の定 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー