ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

ゲーム

マリオシリーズにまつわる雑学や裏設定を紹介

投稿日:

1983年にファミリーコンピューターから登場した

『スーパーマリオブラザーズ』に始まり

長い間日本の人気アクションゲームとして人気を博した

マリオシリーズも今年で33年目を迎えました。

最近ではリオ五輪の閉幕式で安倍総理がコスプレして登場するなど

日本を代表するゲームキャラクターになっています。

今回は国民的ゲームとして大変人気の高い

マリオシリーズについての面白雑学を紹介していきます。

 


 
・マリオの年齢は20代半ば、どう見ても老けすぎwww

 
・マリオのアニメ映画が存在する。

1986年に松竹映画で配給されました。

 
・キノピオの頭は帽子。

因みに脱いだ後の姿は……

キノピオの帽子

 
・スーパーマリオシリーズに出てくるブロックは、

 クッパの魔法で姿を返られたキノコ国の住民たち

 
・クッパがピーチ姫をさらうのは惚れているからではなく、

 ピーチ姫がクッパにかかった魔法を解く力を持っているから。

 
・マリオはハリウッドで映画化されたことがある。

 やはりヒットはしなかった…

ハリウッド版マリオ

 
・ノコノコは最初は四足歩行だった。

 
・ドンキーコングJR.で登場したマリオは悪役。

ドンキーコングJR.

 
・初代スーパーマリオマリオブラザーズは、世界一売れたゲームとして

 ギネスブックに登録されている、世界での売り上げは4000万本以上。

マリオの雑学

 
・ファミコン版のマリオのマップに出る雲と草は、同じ形。

 色が違うだけ。

 
・『スーパーマリオブラザーズ2』は日本国外で発売されなかった。

スーパーマリオブラザーズ2

 
・海外版の『スーパーマリオブラザーズ2』を逆輸入したものが

 『スーパーマリオUSA』である。

マリオUSA

 
・『スーパーマリオブラザーズ3』のワールド3の城がある島は、

 日本列島そっくり。

 
・『ヨッシーアイランド』ではマリオの両親が登場する。

 
・任天堂は過去にスーパーマリオシスターズという商標を獲得していた。

 女の子ヴァージョンもやってみたかったwww

 
・キノピオの女の子ヴァージョンとしてキノピコというキャラもいる。

 
・お化けのテレサの名前の由来は、照れ屋だから。

またマリオが振り向くと動けなくなるのは、顔を合わせると

恥ずかしがってしまうため。

テレサ

 
・コクッパ7人衆はクッパの子供というわけではない。

 
・スーパーマリオ64にはスター0個でクリアできる裏ワザがある。

 


-ゲーム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ab50

スマホゲームのCMに出演している主な有名人を紹介

日本人のスマホ所有率がついに7割にも達したようです。タブレットの所有率も3割を超えたそうですが、それにつれて増えてきたのがスマートフォン用ゲームです。   最近では多くの有名芸能人がスマホゲ …

blogshow439

FFシリーズに関する雑学や裏設定を紹介

今年の11月にファイナルファンタジーの最新作15の 発売が決まりました。 FFファンからしたら待ち遠しかったと思います。 これを機にまたFFブームが起こることを期待しています。   そこで今 …

blogshow21

ゲーム業界変革の波! 据置型はスマホゲームに勝てないのか?

据え置き型ゲームといえば、今やSONYのプレステ4と任天堂のWiiUが主力で市場を占めています。 そしてプレステ4の上位版NEOがいつ発売されるかが今や注目を浴びています。プレイステーション4が日本で …

戦国炎舞 KIZNA

数億円課金者もいる? スマホゲームで廃課金者が出てくる原因は?

近年スマホゲームの経済規模は拡大しつつあり、 今年度は約1兆円にものぼると言われています。 まさにうなぎ上り中の市場ともいえます。 といってもゲーム自体は無料でできるので、 この収益のほとんどはゲーム …

ffのムービー進化

FF最新作XVのキャラ情報やアクション豊富な戦闘システムなど紹介!

今月の29日に発売が決まったファイナルファンタジーの最新作 Final FantasyXVについて熱く語っていきます。 発売に至るまでの経緯やキャラ紹介、 そして戦闘システムなども解説していきます。 …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。