ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

ゲーム

マリオシリーズにまつわる雑学や裏設定を紹介

投稿日:

1983年にファミリーコンピューターから登場した

『スーパーマリオブラザーズ』に始まり

長い間日本の人気アクションゲームとして人気を博した

マリオシリーズも今年で33年目を迎えました。

最近ではリオ五輪の閉幕式で安倍総理がコスプレして登場するなど

日本を代表するゲームキャラクターになっています。

今回は国民的ゲームとして大変人気の高い

マリオシリーズについての面白雑学を紹介していきます。

 


 
・マリオの年齢は20代半ば、どう見ても老けすぎwww

 
・マリオのアニメ映画が存在する。

1986年に松竹映画で配給されました。

 
・キノピオの頭は帽子。

因みに脱いだ後の姿は……

キノピオの帽子

 
・スーパーマリオシリーズに出てくるブロックは、

 クッパの魔法で姿を返られたキノコ国の住民たち

 
・クッパがピーチ姫をさらうのは惚れているからではなく、

 ピーチ姫がクッパにかかった魔法を解く力を持っているから。

 
・マリオはハリウッドで映画化されたことがある。

 やはりヒットはしなかった…

ハリウッド版マリオ

 
・ノコノコは最初は四足歩行だった。

 
・ドンキーコングJR.で登場したマリオは悪役。

ドンキーコングJR.

 
・初代スーパーマリオマリオブラザーズは、世界一売れたゲームとして

 ギネスブックに登録されている、世界での売り上げは4000万本以上。

マリオの雑学

 
・ファミコン版のマリオのマップに出る雲と草は、同じ形。

 色が違うだけ。

 
・『スーパーマリオブラザーズ2』は日本国外で発売されなかった。

スーパーマリオブラザーズ2

 
・海外版の『スーパーマリオブラザーズ2』を逆輸入したものが

 『スーパーマリオUSA』である。

マリオUSA

 
・『スーパーマリオブラザーズ3』のワールド3の城がある島は、

 日本列島そっくり。

 
・『ヨッシーアイランド』ではマリオの両親が登場する。

 
・任天堂は過去にスーパーマリオシスターズという商標を獲得していた。

 女の子ヴァージョンもやってみたかったwww

 
・キノピオの女の子ヴァージョンとしてキノピコというキャラもいる。

 
・お化けのテレサの名前の由来は、照れ屋だから。

またマリオが振り向くと動けなくなるのは、顔を合わせると

恥ずかしがってしまうため。

テレサ

 
・コクッパ7人衆はクッパの子供というわけではない。

 
・スーパーマリオ64にはスター0個でクリアできる裏ワザがある。

 


-ゲーム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blogshow803

白猫でガチャの確率表記! パズドラ・モンストは大丈夫?

先日白猫プロジェクトという人気スマートフォンゲームでガチャの確率表記が出たことがユーザーの間で話題になっています。 現在最高レア度のキャラは星4か5で排出されますが、星5のキャラは1%、星4のキャラは …

blogshow11

ドラクエの面白雑学・都市伝説などを紹介

1986年にファミコンで誕生し今年で30年目を迎えた『ドラゴンクエスト』、国民的人気ゲームシリーズで遊んだことのある人は多いと思います。   今回はそんなドラクエにまつわる面白い雑学や都市伝 …

白猫プロジェクト

スマホゲーのキャラインフレは止まらない? 元凶はガチャ商法!

以前当ブログでスマホゲームのガチャ商法の問題点を記事として紹介しました。 日本のスマホゲームのガチャ商法がマジキチすぎ 今回は以前の記事では紹介しきれなかったスマホゲームの 別の問題点を指摘したいと思 …

スパロボ25周年

スパロボが25周年! 最新作スパロボVにはヤマトも参戦!

シミュレーションRPGの大人気ゲームでお馴染みの スーパロボット大戦シリーズがいよいよ25周年を迎えることになりました。   幼少期にスパロボを遊んだことのある筆者からしたら もう25年も経 …

blogshow21

ゲーム業界変革の波! 据置型はスマホゲームに勝てないのか?

据え置き型ゲームといえば、今やSONYのプレステ4と任天堂のWiiUが主力で市場を占めています。 そしてプレステ4の上位版NEOがいつ発売されるかが今や注目を浴びています。プレイステーション4が日本で …

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー