ヒデオの情報管理部屋

世界中の様々なニュースをヒデオ独自の目線でみつめる

生活

読書の効果・重要性やメリットを徹底考察! 感性も磨かれる?

投稿日:2016年8月8日 更新日:

読書の重要性

巷では読書することは素晴らしい、読書は人生を変える、本は読みすぎるに越したことはない、本を読みなさい。

などと、別に作家でもないのに、やたら本を読んだらいい、と連呼する人がいますよね。もちろん世の中には面白てためになる本がたくさんあることは認めます。

 
筆者自身あまり本を読んだことなかったのですが、ここ最近になって読書するようになり、徐々に本嫌いが解消されつつあるような感じがします。

そこで今回は、改めて読書の重要性やどういった効果があるのかを自分なりに解説していきます。

 

【スポンサーリンク】



 

他人の経験や哲学を学べるのが本の良さ!

かの鉄血宰相ビスマルク
 
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ という格言を残しています。

 
これはどういうことかというと、

愚者は、自分が経験したものからしか学べないが、賢者は他人の失敗や成功から学び人に活かす

という意味です。

この他人の失敗や成功が書かれているのが、本なのです。本、とりわけ小説の主人公はある意味著者の分身です。つまり著者の経験が詰まってると考えても同じですから、著者のこれまでの失敗談、苦労話、成功への秘訣などが描かれていることが多いのです。

 
また当然活字を多く読みますから、語彙力が増えます。これから漢字検定の合格を目指す人は、参考書ついでに読書をしましょう、きっと変わりますよ!

 

読書で感性が磨かれる!

そして最も重要な点といわれるのが、

感性が磨かれる

ということです。

もし感性が欠けていたら、残念ながら幸せにはなれません。感性というのは、芸術作品を鑑賞したり、音楽を聴いたり、旅行したりすることで身に付きます。

だったら別に本を読む必要ないんじゃないか?

と思いがちですが、小説というのは基本文字の羅列です。そこから感性を磨くというのは、文章だけの表現から自分の頭の中で小説で描かれている光景を想像することになるので、驚くほど想像力も膨らみ、感性が磨かれることにあります。

 
以上、自分なりに考えた読書の利点、メリットについて述べてきました。よくネットなどで読書なんか意味ない、と連呼してる人は、

  • 小説を読んだことがない
  • そもそも文章を読むのが苦手

といった人たちばかりなので、参考になりません。あまり真に受けず、自分が好きなペースで読書を楽しみましょう!

 

【スポンサーリンク】



-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の寒すぎる室内での暖かい過ごし方や服装などを紹介

いよいよ11月になってこれから冬将軍が到来する時期になります。徐々に寒くなってきて、暖房をつけ始めた家庭も多いのではないでしょうか?まだ11月なのでギリギリ耐えられるという人もいますが、1年で一番寒い …

収入・所得・手取りの意味の違いを分かりやすく解説!

どうもこんにちは。 今回は働いている人には切っても切り離せないお話し、給料についてお話していきます。   みなさんが月に一度受け取る給料ですが、ざっとどれくらいでしょう? そして、1年間合計 …

寒中見舞いの意味や手紙のマナー・文例などについて紹介

寒くなってそろそろ年の瀬ですが年賀状の準備などは お済みになりましたでしょうか。 ところが年賀状とはまた別の”寒中見舞い”というのがあるのをご存知でしょうか? 実は寒中見舞いも …

独身・ぼっちの人は年末年始をどう過ごす? おすすめは?

今年も年末年始をどう過ごそうか悩んでいる方もいると思いますが、 一人暮らしの方で仕事している人は、 久しぶりに実家に帰ろうかなと悩んでいる人もいれば、 もしかしたら年末年始も仕事があるという人もいるか …

冬至の日にゆず湯に入る由来と健康効果とは? 肌の弱い人は大丈夫?

どうも、11月になりいよいよ寒さも本格化してきます。暦の上では11月7日、8日あたりが立冬と言われています。冬至とはまた違うのでごっちゃにならないように。   冬至は夏至の反対語に当たり、毎 …

スポンサーリンク

管理人はこういう人

どうもヒデオという者です。 出身は九州、大学卒業後就職し現在は25歳で会社員をしています。 趣味はゲーム、ネットサーフィン、アニメ観賞、 最近はまってるゲームはパズドラと白猫です。 現在の自分の生き方にやや疑問点を感じながらも、 日々ブログを書き続け世界の様々な出来事を自分の目線で認識し、見つめ直し考察するのが日課です。 将来の夢は自作の小説を世に売り出したいと考えております。

カテゴリー